しっくり〜

2020/05/15

ラウエイという格闘技の名前も初めて聞いた私ですが、金子さんの存在を通して、ラウエイだけでなくミャンマーの国民性を知ることができました。


金子さんはおそらくミャンマーで一番有名な日本人*\(^o^)/*


買い物やレストランなど行く先々で「がんばれ♪」と声をかけられたり、試合の翌日の空港では、試合を観ていた人達が金子さんだとわかり続々と集まってきて「昨日の試合は素晴らしかった。また来て!」「自分は怖いからできないけど、君のファイトが好きだから応援する!」などなどたくさんの声をかけられ、乗った飛行機の機長まで「私は君のファンだ。是非良い席へ」と、特別シートが用意されたそうです(≧∇≦)


Awayどころか、出身国に関係なくフラットに選手をリスペクトして応援できるミャンマの人達は素晴らしい*\(^o^)/*



ラウエイの素晴らしいところは、勝ち負けだけでなく、取り組む姿勢や品格など、皆が認める人こそが真のチャンピオン。

相撲の横綱と共通するものがあって、私達日本人はよくわかりますよね〜。



会場はまちまちでしょうが、この足についた土が土俵を思わせて、ここでも勝手に共通している気がしています。







実は金子さん、以前、「必ず倒す」みたいな格闘技の試合前的ツイートをしたら、トレーナーに叱られ

 「力を見せるのは試合の時だけ。それ以外の時には相手を敬うのがラウェイ精神だ」と教えられました。


♪───O(≧∇≦)O────♪



頭突き・肘打ち・・・これだけ聞くととんでもなく激しそうだけど、心技体が揃った人同士だから成立するのでしょうね。




それにしても金子さん、しっくりきてるな〜。











2020/05/15 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

りん子 さん

2020/05/15 08:50

ルーシーさん、お早うございます♪
ミャンマーの国技でNo.1のファイターがさいたま市にいらっしゃるとは!!元埼玉県民なので、親しみを勝手に感じております〜♪♪
それにしてもランウェイ・・・じゃなくてラウェイを始めるきっかけが『イエスマンなので断れなかった』とお聞きし、断れない事も、後で振り返ると良かったと思える体験もあるなぁ・・と自分の若い頃の事も思い出しました♪年を重ねた今では、結構きっぱり断れるオバチャンになってます♪(笑)(^^)ノ

黒天狗 さん

2020/05/15 11:10

なるほど確かに神事でもある相撲と共通の部分が多々ありそうですね〜。相手を敬うところは武道と通じるし、歴史を越えて親しまれる理由が分かる気がします。
しかし金子さん、全くゼロの状態からミャンマーの英雄になったなんて凄すぎ!!
これからのご活躍を期待しています♪

ひでき さん

2020/05/15 12:22

海外発の格闘技も日本の武道にも、礼儀を敬う精神があるんですね。ただ相手を倒す事だけに注力するだけでなく、相手を敬う精神、強さは腕力だけでは無いんですね。

ルーシー さん

2020/05/17 06:57

りん子 さん

確かに、以前は断れなかった事も多かったけれど、きっぱりとノーと言えるお年頃になりました(^ー^)

時に流れに任せて受け入れてみるのも大事ですね、金子さんはそこにすんごい努力があっての王者だけど(≧∀≦)

ルーシー さん

2020/05/17 07:09

黒天狗 さん

ラウェイの神様にに呼ばれたのかと思うくらい、渡航してすぐにチャンピオンと対戦、そこで負けてもやめずに王者までのぼりつめるなんて、本当にすごい。

ルーシー さん

2020/05/17 07:12

ひでき さん

この精神は日本人にはわかりやすくて好きになる競技ですね、試合中は痛そうだけど( ̄∇ ̄)

今まで知らなかったけど、素晴らしい格闘技を知ることが出来て嬉しいです。
コメントを投稿

閉じる