時間を止めて

2020/06/29

Zoomが繋がった瞬間、府金さんの周りには自然放牧されている「岩手短角和牛」が(≧∇≦)





ナイス背景設定*\(^o^)/*




牛肉に「旬」という考え方をしたことがなかったけれど、岩手短角和牛は唯一「旬」がある和牛。


牛の肉が一番美味しいと言われるのは生後24ヶ月、岩手短角和牛は春に出産が集中するので、2年後の春に旬を迎えた美味しさは格別だそうです。

ということは、毎年2歳の牛達がいるだろうから、毎年春になれば旬の岩手短角牛を味わうことができるのかな(≧∇≦)



府金さんの想いは、旬の美味しい時間を止めて「いつでも楽しめる食材に」




CECINAの素敵なパッケージには、岩手の自然や文化へのリスペクトを感じます。










SEA=三陸の海

WIND=季節風 やませ

SOIL=岩手の海塩 のだ塩

SUN=太陽はもちろん、岩手の豊かな環境



中央の帯は、かつて南部牛が塩を運んだ「いわて塩の道」



そして〜♪

中には〜





赤みの中に、まるで白い閃光が走った様なごくわずかな脂、牛肉と塩だけを12ヶ月熟成したエイジングレッド☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



画面いっぱいに撮ってみると





銀河みたい!!



旬+生産者の想い+加工者の想いが熟成された生ハムは、旬の時間が止まった宇宙空間だ〜*\(^o^)/*

2020/06/29 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

りん子 さん

2020/06/29 09:29

ルーシーさん、お早うございます♪
生ハムの模様(⁉)から宇宙空間を連想するとは、流石ルーシーさんです♪♪『ビビビッ』と電流が走るような出逢いって、恋愛だけじゃなく食べ物にもあるんですね〜♪♪府金さんのセシーナへのアツい思いが伝わってきました〜♪♪(^^)ノ

黒天狗 さん

2020/06/29 12:26

牛の加工肉といえばビーフジャーキーくらいしか思いつかなかったんですが生ハムがあったとは驚きです!
府金さんの周りで写っている牛さん、のびのびと育って実に美味しそうです。
パッケージにもストーリーを感じるし府金さんの意気込みが伝わってきますね〜!
岩手県の新たな名物になりますように♪

ルーシー さん

2020/06/30 10:43

りん子 さん

スマイルミッションでは恋愛はさておき、何かにビビッと来て全てをかけてそれに挑まれている方にお会いする機会がありますねー(≧∀≦)

人生をかける出会いがあって、それを行動に移せる、そんな人に出会いは訪れるのかもしれません。

ルーシー さん

2020/06/30 10:44

黒天狗 さん 

私もビーフジャーキーのソフトな感じを想像していたのですが、もっと深い味わいと食感の楽しみがありました(o^^o)
コメントを投稿

閉じる