別名!?

2020/10/08

「春蘭」の花、見たことありますか?

実はあるのかも知らないけれど、ボーッと生きてるーしーは認識していません(°▽°)


これが春蘭です!!と載せるには、日本春蘭だけでもあまりに品種が多すぎるので、興味ある方は調べてみてくださいね。



花言葉は

『気品』『清純』『控えめな美』『飾らない心』などなど。



一方では山菜として食べられていて、レシピアプリにもいくつか載っています。





来春は春蘭を探して「春爛漫 春蘭づくし」やってみよう♪




多田さんの宿「春蘭の宿」でも春蘭料理が提供されることがあるみたいなので、時期になったら春蘭の里で春蘭を食べることが出来るかもしれません(≧∇≦)


オンラインで多田さんの後ろに映っているのは春蘭の宿の床の間ですが、ツイン床の間は初めて見ました。





築100年の古民家で過ごす山里の時間はきっと流れが違うでしょうね〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



HPに気になる1行が。





中央部の紫色の一行「失恋の旅で春蘭の宿の唄が聴けます」


どういうこと???


クリックしてみると・・・





「失恋の旅です!!」と申請すると、この演歌が生で聴けるのかな( T_T)\(^-^ )


万が一失恋の旅をすることがあったら、どなたかレポートお願いします(((o(*゚▽゚*)o)))♡




最後に、春蘭の花で一番驚いたこと。








なんでー!?
















2020/10/08 のREPORT

| NextPrev |

COMMENTSルーシーへのコメントはこちらから(コメントは承認後に掲載されます。)

ひでき さん

2020/10/08 12:24

春蘭と聞いて、中国(地方じゃなく、Chinaの方)っぽいと感じるのはオイラだけでしょうか(^○^)。
先日の能登島といい、行かないと体験できない体験が出来る石川県はワクワクですね。

黒天狗 さん

2020/10/08 15:34

春は田植え。夏は川で魚の掴み取り。今の時期はキノコ狩り。。。
つまり田植えの刑、掴み取りの刑、キノコの刑ですね!・・・いかん、能登島の島流しの刑の影響がまだ残っている・・・(笑)
先日兵庫県内の民宿に泊まりましてアットホームなおもてなしに凄く心が和んだんですが、いや本当に民宿の素晴らしさは体験してみないとわかりません!
次は囲炉裏を囲める民宿に泊まりたいと思っているんですが、春蘭の里には五右衛門風呂を体験できる民宿もあるんですね!
凄く行きたくなってきました〜!!
コメントを投稿

閉じる