幻のボッコ靴を作る靴屋さんをリサーチせよ

工藤 勤さん
青森県 黒石市

今朝は、黒石市で古くから靴屋を営む
「Kボッコ」に向かいました。
ここは、長靴と婦人靴がずらりと並ぶ
町の靴屋さん、といった雰囲気のお店。
その広い店の一角に展示されているのが
幻の長靴「ボッコ靴」!
あめ色一色で形はマタギご用達のショート、
りんご農家愛用のセミロング、
そしてオシャレ履き用のロング、です。
雪の上を歩くカンジキも装着可能!

ボッコ靴とは、
天然ゴム100%の長靴です。
普通の長靴は合成ゴムなので
足の指先がどんどん冷たくなりますが
ボッコ靴は100%天然ゴム!
履くと体温で温められ足がポカポカ。
雪の上で作業をするりんご農家さんいとって
冬の必需品でした。
津軽地方で誕生し、
1970年代に生産がストップしています。
「ボッコ」はひなたぼっこの
「ぼっこ」からきているという説が有力です。

そのボッコ靴を30年ぶりに復活させたのが
Kボッコ代表の工藤勤さん。
東京の靴店で働いた後、
Uターンして稼業を継ぎました。
その頃、冬になると「ボッコ靴はない?」と
聞きに来るお客さんが後を絶たない。
そんなに必要ならば…と立ち上がりました。

しかし、在庫はもちろん
材料すら残っていない状態。
天然ゴムを扱う業者に聞いてまわっても
ボッコ靴用の天然ゴムシートがない。
取り寄せも不可能。
そんな絶望的な状況の中、
1枚のメモ紙が見つかりました。
先代が書きなぐった天然ゴムの
仕入れ業者の電話番号です!
連絡してみると、当時の担当者と繋がり
残っている天然ゴムシートを譲ってもらいました。
さらに店の倉庫から木型や作業道具のローラーを発見。
当時の職人さんを見つけ出し作り方を教わり、
復活を誓ってから10年をかけて、
30年ぶりにボッコ靴が再現されました。

今では唯一のボッコ靴職人となった工藤さん。
制作状況は、1日1個。
まだまだ予約待ちしているお客さんが沢山います。
それなのに、現在、生産がストップ状態。
いよいよボッコ靴専用の材料が尽きたのです。
工藤さんは再び天然ゴム100%のシート探しに奔走中。
天然ゴムは外国に沢山あるのです!
でも、ボッコ靴用にシートにしてくれる業者がいないのです!!!
どなたか、「うちにあるよ!」「あそこにあったよ!」など
情報をお持ちでしたら「Kボッコ」までご連絡ください~!!
是非お願いします。

==================
KボッコのHPはこちら
http://www.k-bocco.com/

さまざまな写真や様子が見られるHonda Smile Mission 番組Facebookページはこちら
http://www.facebook.com/HondaSmileMission

その他の青森県のREPORTS

全て見る

木

2012 / 03 / 29

【3周目まとめ】カシスジャムもオススメ!『支那そば家』

太田さん

2011年度末の今週は、先週終えた、全国3周目の旅を振り返っています。 月曜日か…

    3

木

2013 / 07 / 04

秘湯温泉旅館の営業部長をリサーチせよ

小林 慶二郎さん

今朝、ルーシーとプチェコが向かったのは青森市ではありますが、市内の中心地から走る…

    5

金

2014 / 07 / 11

野菜でクレヨンを作ったデザイナーをリサーチせよ

木村 尚子さん

金曜日の今朝紹介したのは、野菜と米で作ったクレヨン、「おやさいクレヨンveget…

    6

木

2011 / 06 / 30

『古川市場』で、自分好みの「のっけ丼」を!

鹿内さん

今日紹介したのは、青森市にある『古川市場』の「のっけ丼」。お話を伺ったのは、お魚…

    2

その他のその他REPORTS

全て見る

木

2015 / 07 / 23

木のからくり作家をリサーチせよ

高橋 稔さん

今日のリサーチでルーシーとプチェコがお会いしたのは100%木の素材を使った玩具を…

    7

火

2016 / 07 / 26

古民家の再生に取り組む宮大工の棟梁をリサーチせよ

大室幸司さん

今朝ルーシーが向かったのは、青森市内にある古民家。現在も住宅として使われている築…

    8

木

2016 / 07 / 28

どこまでもDIYな男性をリサーチせよ

荒谷 志仙さん

つがる平野の広~い田んぼの中に、木が生い茂り、2階建てのお城がたつ広い敷地を発見…

    8

金

2014 / 07 / 11

野菜でクレヨンを作ったデザイナーをリサーチせよ

木村 尚子さん

金曜日の今朝紹介したのは、野菜と米で作ったクレヨン、「おやさいクレヨンveget…

    6

閉じる 前へ 前へ