野生コウノトリを再生させる!生物の多様性を保つ大切さを伝える大迫義人さん

大迫 義人さん
兵庫県 豊岡市

4周目の兵庫県リサーチ、続いています。今朝、ルーシーがリサーチしたのは兵庫県北部 但馬地方 豊岡市にあるコウノトリの郷公園の大迫義人さんです。

田んぼに降り立ち、稲を荒らす害鳥として駆除されてきたコウノトリ。その生息場所があった豊岡では1955年から当時の県知事の号令で保護に乗り出しました。しかし、日本産の種は1971年に絶滅してしまいます。そんな経験をした豊岡では、その後、野生コウノトリ再生事業がスタートしました。人工的に繁殖させた鳥たちを自然に放ち、自主繁殖するまでにしようという計画です。

鹿児島出身、子供の頃から鳥が好きだった大迫さんは1999年、現在の兵庫県立大学 自然・環境科学研究所に席を置きながら、コウノトリ郷公園の主任研究員になります。以来、この野生化事業に携わってきました。放鳥は2005年。2007年には野外で最初のヒナが育ち、43年ぶりに巣立ちました。それから毎年10羽前後巣立ち、今では60羽ほどの野生のコウノトリが空を飛んでいます。

地域には「いちど絶滅したものを膨大な時間と多額の費用をかけて再生する必要は無い」と害鳥論に基づいて反対する声も少なくないようです。実際、農業に従事する方たちにとって、コウノトリは良い意味だけを持つ生物ではないと大迫さんはおっしゃっています。しかし、生物の多様性を保つことの大切さ。また、自然環境の重要性への意識が高まる中、野生のコウノトリが棲息する土地は、農薬の使用が少ない、人にとっても望しい場所であること。そうした自然の中で育つことは子供の人格形成に良い影響を与えること。コウノトリが増えれば観光資源にもなること。こうした理由に支持されて野生化事業は進んでいます。コウノトリ郷公園は、この事業の発信基地。コウノトリや豊岡の自然を地元の方に観光客の方に理解してもらうため、大迫さんは今日も頑張っています。

================
「兵庫県立コウノトリの郷公園」
〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128番地
開園時間:午前9:00~午後5:00
休園日:毎週月曜日(休日に当たるときはその翌日)12月28日~1月4日
入園料:無料

アクセス:
中国自動車道または山陽自動車道から播但連絡道路(和田山I.C)へ
舞鶴若狭自動車道から北近畿豊岡自動車道(和田山I.C)へ
和田山IC~国道312号線(和田山I.Cから約1時間)

その他の兵庫県のREPORTS

全て見る

金

2010 / 08 / 20

そろばんの町!紀元前の計算機も展示する『小野市の幡州そろばん』

鹿野 文さん

金曜日は、リスナーご当地自慢にフォーカス! 今日、紹介したのは、『小野市の幡州そ…

    2

火

2012 / 07 / 03

日本100名城に選ばれた天空の城!日本のマチュピチュとは!?

池野 祐季さん

火曜日の今朝、ルーシーがプチェコに乗って向かった先は朝来市(あさごし)。数年前か…

    4

金

2016 / 05 / 13

あのオモチャの意外な使い道を広める男性をリサーチせよ

藤村 良男さん

今週は兵庫県を巡っているROAD8のスマイルミッション。金曜日の今朝ルーシーとプ…

    8

木

2016 / 05 / 12

木製ブロックの可能性を広げるNPO代表をリサーチせよ

山田 哲也さん

今週は兵庫県を巡っているスマイルミッション。今朝ルーシーとプチェコが向かったのは…

    8

その他の自然REPORTS

全て見る

金

2017 / 05 / 19

なるとオレンジの生産者夫婦をリサーチせよ

森 知宏さん、晶子さん

ROAD 9の兵庫県リサーチ最終日。今朝ルーシーが向かったのは洲本市にある「ツギ…

    9

金

2014 / 05 / 16

美味しいのに安い!いい~野菜を世界に広める農業家をリサーチせよ

大森 一輝さん

兵庫県の最終日。ご当地エージェントの『漂い』さんから「淡路市で農園を経営してる方…

    6

金

2009 / 09 / 18

「兵庫県立西はりま天文台」の2mを誇る望遠鏡「なゆた」

黒田さん

金曜日は、イベント紹介にフォーカス!秋の夜長、今までに見たことのないような大きさ…

    1

月

2014 / 02 / 03

宇宙人探査SETIの研究員をリサーチせよ

鳴沢 真也さん

日本全国を巡るスマイルミッション、今週、ルーシーとプチェコが訪れたのは兵庫県!月…

    5

閉じる 前へ 前へ