溶けにくいソフトクリームの開発者をリサーチせよ

白石 良蔵さん
石川県 金沢市

全国5周目のスマイルミッション。昨日から代理チーフに中尾明慶さんが登板。これまでにない爽やかな男性なのでリスナーの皆さんにとって、これから新鮮な朝がお届けできるでしょう。宜しくお願いします!

さて、今朝ルーシーとプチェコが訪ねたのは金沢市の株式会社 海藻食品研究所。創業者で現会長の白石良蔵さんはとても豪快で気さくでユニークな経営者。何をやっているのかというと、食べられるのに捨てられてしまう「おから」などを使った食品の開発です。

貧しかった子供の頃、嬉しくて美味しい副菜だった「おから」。でも、今では豆腐の大量生産の陰で、多くは産業廃棄物として捨てられてしまっています。そこで、健康にもいい「おから」を現代の若い世代にも食べてもらえるようにできないか?と「もったいない精神」を発揮して商品開発を行っているのです。

その代表格が「溶けにくいソフトクリーム」。おからが入っているため食感はババロアやプリンに近いですが、冷たく味は間違いなくソフトクリーム!なんでも気温42℃でも40分は溶けないそうです。会社には通常のソフトクリームとの比較写真が貼ってありましたが、その維持力は恐るべし!ただ、「おから」はクサく、腐りやすく、食べるともそもそするという3つの難関がありました。これらをクリアするのは大変で開発に5年以上の歳月を要したそうです。ある時、実験室の流しのネットに詰まっていた粒子状の「おから」が腐っていなかったことに気づいた白石さん。粒子を細かくし、水洗いをすることで、再利用の道が開けました。

「溶けにくいソフトクリーム」をつくったのは、子供が大好きなものなのに、溶けてベタベタした手でいると、お父さんやお母さんに怒られてしまうことがある。そんな光景を見なくて済むようにという思いを込めて開発したのだとか。今では白石さんの食品開発はさらに進歩。不要とされてしまった食材からつくる「レバ刺し」「ユッケ」「牡蠣」「鰻の蒲焼き」などもラインナップとして揃っています。

=================
「株式会社 海藻食品研究所」
石川県金沢市本江町10番38号
TEL:076-292-1782(代)
営業時間:9:00~18:00  休業日:日・祝
HP:http://www.japan-sfl.com/

その他の石川県のREPORTS

全て見る

金

2011 / 07 / 22

夏の涼を体と心で満喫、大滝の流しそうめん!

谷下ご夫妻さん

石川県 能登をめぐる旅も今日が最後。金曜日の今日はリスナー情報。今朝は「木の窪桜…

    3

金

2009 / 08 / 21

別名は嫁定めまつり、江戸時代前期から伝わる「安宅まつり」

橋本さん

金曜日はご当地イベントにフォーカス!今日紹介するのは、毎年9月7、8、9日の3日…

    1

木

2017 / 11 / 30

農福連携に取り組むハーブ園代表をリサーチせよ

澤邊 友彦さん

石川県を巡っているスマイルミッション。今朝、ルーシーとプチェコが向かったのは、河…

    9

月

2012 / 11 / 26

元祖・金沢カレーを復活させた社長をリサーチ

野村 健次さん

今週、ルーシーはプチェコで石川県を周ります。月曜日の今朝訪れたのは、金沢市にある…

    4

その他の食べ物REPORTS

全て見る

月

2013 / 09 / 30

和菓子で震災復興を支援する熱き店主をリサーチせよ

行松 宏展さん

全国5周目、「日本の未来に会いに行く」がテーマのスマイルミッション。今週は石川県…

    5

木

2010 / 10 / 28

歴史は1200年以上の平安時代の807年、輪島の朝市

安藤 登允さん

木曜日は、ご当地マーケットにフォーカス!石川県のマーケットといえば絶対に外せない…

    2

木

2016 / 06 / 16

絶品の焼き栗を作る男性をリサーチせよ

松尾 和広さん

兵庫の丹波栗、長野の小布施栗、それらと同じく地域ブランドとして「能登栗」というの…

    8

月

2012 / 11 / 26

元祖・金沢カレーを復活させた社長をリサーチ

野村 健次さん

今週、ルーシーはプチェコで石川県を周ります。月曜日の今朝訪れたのは、金沢市にある…

    4

閉じる 前へ 前へ