“抱っこスピーカー”の開発者をリサーチせよ

菅 順一さん
岩手県 盛岡市

今朝、ルーシーがプチェコで向かったのは盛岡市大館町にあるKAN薬舗という薬局屋さんでした。このお店に行けば菅順一さんがつくるENSOUNDの「抱っこスピーカー」を体感することができます。スペックは直径13cm、長さ50cm。電池含む重さが1kgほど。オプションとしてBluetoothレシーバーがついていてiPhoneやスマートフォン、タブレット端末から音を無線送信が可能。販売価格は内税で3万5,800円です。

それにしてもホント驚きです「抱っこスピーカー Hugme(ハグミー)」。CDからの音楽はまるで自分が演奏しているかのように体に響く。だから、タブレット端末に映し出される赤ちゃんの声をBluetoothで送れば、まるで赤ん坊を抱いているかのような錯覚をしてしまうほど。「ダァ ダァ」いう赤ちゃんの声が体に響くので、きっと誰もが母性や父性を感じることでしょう。

菅順一さんは3月に家族で愛媛県の松山市から盛岡市へ引っ越しました。こちらは娘婿になっている奥さんの実家。KAN薬舗は義理のお父さんのお店なのです。菅さんは、25歳の時に松山でうどん店をオープン。しかし、開店から10年を機に、趣味で手がけていたスピーカーづくりでやっていこうと方向転換を図ったのです。そこには、これまでおそらく誰もつくってこなかったスピーカーを完成させたという自信もあったことでしょう。従来のスピーカーは高価なものほど重量感があり、外側がしっかりしています。音の振動で外郭がビンビンとぶれた音がしてしまわないためです。うどん屋の大将をしながら、趣味でスピーカーづくりを始めた菅さんには、その常識がありませんでした。ある時、外側にヨガマットを使ってみたら、ひどく音がいいことを発見したのです。菅さんは考えました、例えば人間の声が出る声帯はやわらかいもの。だったら、スピーカーだって柔らかくってもおかしくないじゃないか。そして、この形態であれば音を聴くだけではなくて、体で感じることができる!そうして完成したのが「抱っこスピーカー」。

これはもう、いちど皆さんに体験してもらいたいと思います。今では「抱っこ」の他にも「クッション」「バック型」など色々なタイプのものを製造・販売しています。眠る時に抱っこスピーカーを抱きながら波の音を聴いて眠るもよし、映画見る時にサウンドを体感しながら鑑賞するもよし。従来の音楽を聴くためだけのものだったスピーカーと違って、音を感じるスピーカーとして、これからもっと注目されていくでしょう。

最近では菅さんは一般の人向けに全国でスピーカー教室を開催。以前、製品をつくってバイヤーに売っていた頃はお金や流通の話ばかり。今では自分でスピーカーをつくる楽しさを共有することができて、それが良い刺激になっているそうです。

皆さん、どうですか? 抱いてみたくなったでしょう? 抱っこスピーカー。

==================
「ENSOUND」
HP:http://ensoundspeakers.jp/

「KAN薬舗」
盛岡市大館町 24-75
TEL:019-645-0923
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜・祝日

その他の岩手県のREPORTS

全て見る

火

2011 / 05 / 31

文化震災後残った“もろみ”で復活!八木澤商店伝統の醤油

河野 通洋さん

今日、取材で伺ったのは、岩手県陸前高田市にある醤油醸造会社「八木澤商店」の9代目…

    2

水

2009 / 06 / 03

カッパに出会える確率高し?遠野市の「カッパ淵」

運萬 治男さん

水曜日はおすすめスポットにフォーカス!今回は、遠野市にあるカッパ淵にカッパを捕ま…

    1

水

2015 / 08 / 05

“IT木工”を手掛けるバンザイファクトリーをリサーチせよ

高橋 和良さん

岩手県の好奇心をリサーチしている今週のスマイルミッション。水曜日の今朝、ルーシー…

    7

その他のその他REPORTS

全て見る

木

2012 / 05 / 17

目指すは「地産外笑」!岩手で描き続ける漫画家そのだつくしさん

そのだ つくしさん

岩手県を巡っているスマイルミッション。木曜日の今朝紹介したのは、雫石町に暮らす漫…

    4

閉じる 前へ 前へ