人気スイーツを商品化した男性をリサーチせよ

小山 和宏さん
岩手県 釜石市

岩手県をリサーチしている今週のスマイルミッション。火曜日の今朝、ルーシーとプチェコが向かったのが、釜石市にある藤勇醸造株式会社。お話を伺ったのは、専務の小山和宏さんです。
みそと醤油を主に製造している藤勇醸造株式会社。藤勇醸造が8月に発売した「十割糀みそケーキ」が品薄状態が続く人気になっています。この十割糀みそケーキを商品化したのが、小山さんです。
十割糀みそは、糀の割り合いを多めにしてあり、旨味と甘みが多いのが特徴の藤勇醸造が作ったみそ。この十割糀みそがパウンドケーキにマーブル状に入っているのが「十割糀みそケーキ」。食べてみるとケーキの甘みとみそのしょっぱさ、クルミも入っていてその香ばしさがアクセントになっているおいしいケーキです。
醸造メーカーである藤勇醸造がパウンドケーキを作ることになったきっかけが、被災地のボランティアをきっかけに釜石に来ていた東京の女性と藤勇醸造で働いている小山さんの娘さんが知り合ったこと。藤勇醸造の糀の商品を気に入ったその東京の女性は、西荻窪にあるシェアキッチンokatteの会員でした。そして2月にあった岩手と東京の交流イベントで、せっかく繋がった縁を大事にしようとokatteが十割糀みそを使ったパウンドケーキを開発。これを食べた小山さんがこれだけおいしいなら商品化して地元で売り出したいと考えました。
その後商品化の前の7月に岩手県のふるさと食品コンクールに十割糀みそケーキを出品。見事、優秀賞を獲得しました。小山さん、ケーキもパッケージもいいものなので、コンクールでは賞が取れると自信があったそうです。商品のパッケージのデザインもokatteが手掛けたもの。このパッケージデザインが藤勇醸造の勇に富士山が描かれ、その上に太陽が昇っているようなデザイン。この太陽は、みそ樽を上から見ているイメージも重ねています。
この賞を取ったことで商品化への勢いが加速。現在はレシピをokatteから受け継ぎ、釜石にあるアンジェリク洋菓子店が製造しています。こだわっているのは、手作りで作ること。これは手作りでないとみそがマーブル状にきれいに出来ないのから。手作りということで量産が難しく、現在は1日150個程度作っています。
藤勇醸造の創業は明治35年。みそ醸造の会社として創業しました。小山さんが入社をしたのは24年前。それまではシステムエンジニアの仕事をしていた小山さん。藤勇醸造に入ることになったのは、釜石にある新日鉄釜石の人が配置転換で全国に行く人が増え、食べ親しんだ釜石の醤油やみそを欲しいと発送の業務が増えました。その業務を効率化するのに、藤勇醸造の先代の社長の娘さんと結婚していて、システムエンジニアをしていた小山さんに白羽の矢が立ち、藤勇醸造に入社します。
現在は経理、商品開発、みその仕込みなどの仕事をこなしている小山さん。みその仕込みに関してもシステムエンジニアだったことを活かしています。みそは温度管理が大事で、場合によってはこれまで寝ずの番をしなければなりませんでした。それをコンピュータ管理することで、異常があれば携帯に連絡がくるようなシステムを作ったとのこと。
20年以上発酵食品と関わり、目に見えないものをコントロールする所に醍醐味を感じているとういう小山さん。今回の十割糀みそケーキで和と洋の組み合わせが合うことが再認識できたので、新たな商品を考え減っているみその需要を増やしたいと話してくれました。すでにokatteのみなさんが第2,第3の商品を考えているんだとか。新たな商品も楽しみです。

==================
藤勇醸造株式会社についての詳しいこと、注文問い合わせなどは、下記HPから、
http://www.fujiyu.com

藤勇醸造株式会社へのアクセスは、釜石自動車道 遠野ICから国道283号線などを通り約50分。

さまざまな写真や様子が見られるHonda Smile Mission 番組Facebookページはこちら
http://www.facebook.com/HondaSmileMission

その他の岩手県のREPORTS

全て見る

水

2012 / 05 / 16

「復興はスピードが大事」復興プロジェクトを展開する、かけあしの会

菅原 則夫さん

岩手県を巡るスマイルミッション。今朝伺ったのは、宮古市で復興プロジェクトを展開し…

    4

水

2014 / 07 / 30

ロマンを語らせたらピカイチ 天文館職員をリサーチせよ!

齊藤 政宏さん

6周目の岩手リサーチ3日目。今朝、ルーシーは東京ドーム640個分にも及ぶという広…

    6

金

2013 / 09 / 13

ウニの殻を使う染物職人をリサーチせよ

田川 宮子さん

金曜日の今朝は、ウニの殻を使った「ウニ染め」について、アトリエぐらん代表の田川宮…

    5

月

2009 / 06 / 01

“希望王国岩手文化大使”マンドリンシンガーの清心(きよみ)さん

清心さん

月曜日は、ご当地WOMANにフォーカス!今日紹介するのは、マンドリンシンガーの清…

    1

その他の食べ物REPORTS

全て見る

火

2011 / 05 / 31

文化震災後残った“もろみ”で復活!八木澤商店伝統の醤油

河野 通洋さん

今日、取材で伺ったのは、岩手県陸前高田市にある醤油醸造会社「八木澤商店」の9代目…

    2

金

2018 / 09 / 14

わんこそばが有名なそば屋の主人をリサーチせよ!

東屋本店 5代目店主 馬場 暁彦さん

今日は47都道府県巡り10年目にして初めて。ルーシーのわんこそば体験、いかがだっ…

    10

火

2018 / 09 / 11

名物 田老かりんとうをつくる社長をリサーチせよ!

田中菓子舗 社長 田中 和七さん

今年3月の東北復興リサーチ。ルーシーは岩手県山田町の「鯨と海の科学館」を訪れまし…

    10

木

2011 / 06 / 02

心を休める場所を提供したい。『割烹料理亭 魚元』

張間 重子さん

今日、取材で伺ったのは、岩手県宮古市にある『割烹料理亭 魚元』の張間重子さん。2…

    2

閉じる 前へ 前へ