“葉にんにく”に情熱を燃やす社長をリサーチせよ

嶋崎 裕也さん
高知県 須崎市

水曜日の今朝は、「葉にんにく ぬた」で町起こしを手がける、株式会社Earth Aid社長の嶋崎裕也さんにお話を伺いました。

ぬたとは、一般的に酢と味噌の合わせ調味料。
「葉にんにく」とは、成長過程のにんにくの葉の部分のことです、にんにくの種と比べると匂いもキツくなく、甘みもあり食べやすく美味しい食材です。
特にカロテン・カリウム・ポリフェノール・ビタミンCがにんにくの種の部分より豊富で優秀な食材で、中華料理などでは欠かせない食材として使用されています。

この「葉にんにく」を使って作る「ぬた」、「葉にんにく ぬた」を栽培~加工~販売まで、葉にんにくの6次産業化事業に取り組むのが株式会社Earth Aid社長の嶋崎裕也さん。
嶋崎さんは元々、機械の設計・研究開発を手がけるエンジニアでした。
そんな中、7年前の27歳の時に、両親の実家である須崎市に来た際、「葉にんにく ぬた」を食べて感動。
「こんな素晴らしい伝統的な食文化を全国の人に届けたい!」と思い、「葉にんにく ぬた」への挑戦がスタートしました。
しかし、農業に関しては、全くの素人だったため、相当な苦労がありました。
栽培は、地域の農家で研修を行うだけでなく、畑も借してもらいました。
また、ネット環境が整っていなかったため、市に掛け合い、インフラを整備。
これからのことを整えるのに、7年の月日がかかりました。

どうして、ここまでして「葉にんにく ぬた」にこだわるのか?聞くと、
「ブリやカンパチ等の刺身と食べるだけで、おいしさに感動する。この感動を全国に届けたいという気持ちと、地域の農家の方々の協力が無ければ実現できなかった。今度は地域を活性化させることで恩返したい。」
嶋崎さんは今日も、熱いハートを胸に、畑に行政機関に、須崎市を盛り上げるために走り回っています。

==================
「株式会社Earth Aid」
HP:http://www.earth-aid.jp/

「株式会社Earth Aid」へのアクセス:高知市内から国道56号線に乗って約50分

 

その他の高知県のREPORTS

全て見る

水

2011 / 08 / 17

自分でつくる「カツオのたたき」体験!『黒潮一番館』

3周目はFOODの水曜日。 今朝はルーシー、黒潮町を訪れました。市町村合併で黒潮…

    3

木

2020 / 02 / 27

まるでギリシャ!なホテルのオーナーをリサーチせよ!

『ヴィラ・サントリーニ』オーナー 大井 史子さん

今日のルーシーとプチェコは高知県中部の土佐市へ。向かったのは2005年に太平洋を…

    11

火

2014 / 01 / 14

ブラジリアン柔術世界一の消防士をリサーチせよ

寺石 誉章さん

火曜日の今朝は、ブラジリアン柔術の世界チャンピンになった消防士の寺石誉章さんにお…

    5

その他の食べ物REPORTS

全て見る

金

2016 / 12 / 30

美味しいグルメ缶を作る缶詰屋さんをリサーチせよ

濱口 無双さん

2016年、最後のリサーチは「日本一高い津波が来る」と言われている黒潮町に向かい…

    8

月

2012 / 12 / 24

高知県で人気のおいしいケーキ屋さんの店主をリサーチせよ

西郷 勝博さん

今週、ルーシーはプチェコで高知県を周ります。月曜日の今朝訪れたのは、宿毛市にある…

    4

月

2014 / 11 / 03

日本の旨みを伝える昆布屋七代目をリサーチせよ

泉谷 伸司さん

今週、プチェコとルーシーは高知県を周ります。今朝向かったのは、高知市にある旨味屋…

    6

閉じる 前へ 前へ