“葉にんにく”に情熱を燃やす社長をリサーチせよ

嶋崎 裕也さん
高知県 須崎市

水曜日の今朝は、「葉にんにく ぬた」で町起こしを手がける、株式会社Earth Aid社長の嶋崎裕也さんにお話を伺いました。

ぬたとは、一般的に酢と味噌の合わせ調味料。
「葉にんにく」とは、成長過程のにんにくの葉の部分のことです、にんにくの種と比べると匂いもキツくなく、甘みもあり食べやすく美味しい食材です。
特にカロテン・カリウム・ポリフェノール・ビタミンCがにんにくの種の部分より豊富で優秀な食材で、中華料理などでは欠かせない食材として使用されています。

この「葉にんにく」を使って作る「ぬた」、「葉にんにく ぬた」を栽培~加工~販売まで、葉にんにくの6次産業化事業に取り組むのが株式会社Earth Aid社長の嶋崎裕也さん。
嶋崎さんは元々、機械の設計・研究開発を手がけるエンジニアでした。
そんな中、7年前の27歳の時に、両親の実家である須崎市に来た際、「葉にんにく ぬた」を食べて感動。
「こんな素晴らしい伝統的な食文化を全国の人に届けたい!」と思い、「葉にんにく ぬた」への挑戦がスタートしました。
しかし、農業に関しては、全くの素人だったため、相当な苦労がありました。
栽培は、地域の農家で研修を行うだけでなく、畑も借してもらいました。
また、ネット環境が整っていなかったため、市に掛け合い、インフラを整備。
これからのことを整えるのに、7年の月日がかかりました。

どうして、ここまでして「葉にんにく ぬた」にこだわるのか?聞くと、
「ブリやカンパチ等の刺身と食べるだけで、おいしさに感動する。この感動を全国に届けたいという気持ちと、地域の農家の方々の協力が無ければ実現できなかった。今度は地域を活性化させることで恩返したい。」
嶋崎さんは今日も、熱いハートを胸に、畑に行政機関に、須崎市を盛り上げるために走り回っています。

==================
「株式会社Earth Aid」
HP:http://www.earth-aid.jp/

「株式会社Earth Aid」へのアクセス:高知市内から国道56号線に乗って約50分

 

その他の高知県のREPORTS

全て見る

水

2010 / 08 / 04

真実は?縄文時代の遺跡、謎がひしめく『唐人駄場』

宮崎 茂さん

水曜日は、ヒーリングスポットにフォーカス! 今日、紹介したスポットは、謎がひしめ…

    2

金

2016 / 12 / 30

美味しいグルメ缶を作る缶詰屋さんをリサーチせよ

濱口 無双さん

2016年、最後のリサーチは「日本一高い津波が来る」と言われている黒潮町に向かい…

    8

月

2010 / 08 / 02

「土佐・龍馬であい博」メイン会場『とさてらす』で働く浦田愛さん

浦田 愛さん

月曜日は、ご当地WOMANにフォーカス! 今日紹介したのは、「土佐・龍馬であい博…

    2

木

2011 / 08 / 18

勇壮な自然と長久の歴史を感じる、『室戸ジオパーク』

3周目のスマイル・ミッション。 木曜日のテーマはネイチャーです。今週はプチェコで…

    3

その他の食べ物REPORTS

全て見る

火

2010 / 01 / 05

夫婦で作る「みい屋」の「プレーンシフォンケーキ」は手ちぎりで!

火曜日は、お取り寄せスイーツにフォーカス!今日紹介するスイーツは、地元高知でも知…

    1

火

2019 / 01 / 15

高知市に移住した時計職人兼カフェ店主をリサーチせよ!

Sanroku Coffee 釘﨑 祐介さん

今日の主人公は釘﨑祐介さん。来月、高知市桜井町にOPEN予定[Sanroku C…

    10

月

2014 / 11 / 03

日本の旨みを伝える昆布屋七代目をリサーチせよ

泉谷 伸司さん

今週、プチェコとルーシーは高知県を周ります。今朝向かったのは、高知市にある旨味屋…

    6

木

2010 / 01 / 07

「郷土料理土佐藩」のミニ皿鉢料理は、高知の旬の味覚がてんこ盛り

木曜日はご当地グルメにフォーカス!今日紹介するのは、高知市内にある『郷土料理 土…

    1

閉じる 前へ 前へ