オナガドリに情熱を燃やす会長をリサーチせよ

池本 俊夫さん
高知県 南国市

木曜日の今朝は、国の特別天然記念物に指定されている「オナガドリ」について、大篠長尾鶏保存会・会長の池本俊夫さん、長男の俊一さんにお話を伺いました。

「オナガドリ」とは、ニワトリの仲間で南国市篠原地区原産の鳥で、トキやアホウドリと同様に国の特別天然記念物に指定されています。
江戸時代に土佐藩主が参勤交代の際に槍の飾りにする鳥の尾を献上しようとこぞって尾の長い鳥を交配したのが起源で、池本家では、祖父の代である1905年から100年以上に渡って、長い尾の鳥を育てるため挑戦を続けています。

池本さんの記録は、13年前に育てた8.9m。
ギネスに登録されている世界記録は10.6mとなっています。
全部で20本ある尾は、1年で80センチ~約1メートル伸びると言われています。
つまり、20メートルを越すオナガドリを育てるには、10年以上の年月が必要となります。
動き回ったり、自分で踏んでしまい尾が抜けてしまうこともたたるそうで、毎日のチェックを池本さんは怠りません。
「風邪を引いてもどんな事があっても絶対毎日世話せないかん。世話する日を休むことはできんきね。これが一番大変。旅行にも行けん・・・」と池本さんは話します。
もちろん愛着も人一倍で、他の鳥の鳴き声はうるさく感じるそうですが、オナガドリのい鳴き声は、子守唄のように心地が良いそうです。

現在、大篠長尾鶏保存会では、純血のオナガドリ飼育にも挑戦しています。
広島大学の教授と協力して、DNAを検査。
純血のオナガドリの方が、尾の伸びる確率が高いと言われています。
この研究の成果が出れば、「夢の10メートル超えも夢でない」と、池本さんはこれからも挑戦を続けます。

==================
「大篠長尾鶏保存会(南国市役所)」へのアクセス:高知市内から国道32号線に乗って約20分

 

その他の高知県のREPORTS

全て見る

金

2015 / 06 / 05

大人気!鍋焼きラーメンの店主をリサーチせよ

川村 章浩さん

今週は高知県を巡っているスマイルミッション。金曜日の今朝ルーシーとプチェコが向か…

    7

月

2012 / 12 / 24

高知県で人気のおいしいケーキ屋さんの店主をリサーチせよ

西郷 勝博さん

今週、ルーシーはプチェコで高知県を周ります。月曜日の今朝訪れたのは、宿毛市にある…

    4

水

2010 / 08 / 04

真実は?縄文時代の遺跡、謎がひしめく『唐人駄場』

宮崎 茂さん

水曜日は、ヒーリングスポットにフォーカス! 今日、紹介したスポットは、謎がひしめ…

    2

金

2010 / 08 / 06

愛と正義と勇気!『やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム』

田所 菜穂子さん

金曜日は、リスナーご当地自慢にフォーカス! 今日、紹介したのは、『やなせたかし記…

    2

その他の文化REPORTS

全て見る

月

2015 / 06 / 01

国際化学オリンピックに出場する高校生をリサーチせよ

竹内 碧さん

今週、プチェコとルーシーは高知県を周ります。今朝向かったのは、高知市にある高知学…

    7

月

2016 / 12 / 26

いえづくり教習所の所長をリサーチせよ

中 宏文さん

土佐湾の穏やかな海を一望できる「いえづくり教習所」。所長の中宏文さんにお話しを伺…

    8

その他のその他REPORTS

全て見る

水

2014 / 11 / 05

木のかばん を作った男性をリサーチせよ

山田 佳行さん

高知県を巡るスマイルミッション。今朝お話を伺ったのは、馬路村で“木のカバン”を作…

    6

金

2014 / 11 / 07

海洋資源を室戸ブランドに変える男性をリサーチせよ

蜂谷 潤さん

金曜日の今朝紹介したのは、室戸市で海洋資源をブランド化しようと取り組んでいる一般…

    6

火

2015 / 06 / 02

魔法の氷を開発した男性をリサーチせよ

北村 和之さん

火曜日の今朝、ルーシーとプチェコが訪れたのは、室戸市にある泉井鉄工所。お話を伺っ…

    7

金

2012 / 12 / 28

フィギアの聖地 海洋堂ホビー館四万十の館長をリサーチせよ

宮脇 修さん

金曜日の今朝ルーシーが訪れたのは四万十町。“へんぴ”な場所にあるミュージアム「海…

    4

閉じる 前へ 前へ