5月17日O.A.〜J-POP Memories〜「俺たちの明日」エレファントカシマシ

この曲は、2007年にリリースされたシングルで、
「どうだい?元気かい?がんばろうぜ」と語りかける1曲で、
ある程度人生を経験した大人に響くメッセージソングとなっています。

お届けした楽曲は、エレファントカシマシ「俺たちの明日」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories〜」。
今回は、時代をこえて元気になれるJ-POPの名曲をセレクトします!

この曲は、エレファントカシマシにとっても転機となった
重要な1曲で、レコードレーベルを移籍して、新たな気持ちでリリースした移籍第一弾シングルでした。
    
それまでアルバムを中心に制作するスタイルだったエレカシに、
新しいレーベルはシングルを要請。ボーカルの宮本浩次さんは、
「シングルってお金とかかかるし大丈夫ですか?」って思わず
担当スタッフに聞いたというエピソードも。
結果、タイアップまでついたこの曲は、シングルとしてヒットすることになりました。

歌の内容もそうですが、この曲ができるまでのエピソードや
バンドの活気などが全て詰まった結果、これほどにパワーのある
応援歌的1曲に仕上がったということでしょうね!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月17日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2019.05.17

5月16日O.A.〜J-POP Memories〜「Beautiful」Superfly

この曲は、2015年にリリースされたアルバム『ホワイト』に
収録された1曲で、ドラマ『マザー・ゲーム〜彼女たちの階段』の主題歌としてヒット。
この年のNHK紅白歌合戦に初出場し披露した思い出深い曲でもあります。
またデビュー10周年を記念して行われたファン投票で見事1位を獲得しました。

お届けした楽曲は、Superfly「Beautiful」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories〜」。
今回は、時代をこえて元気になれるJ-POPの名曲をセレクトします!

この「Beautiful」は、これまでタッグを組んで
作曲を手がけてきた多保孝一さんの元を離れ、
ボーカルの志帆さんが作詞はもちろん、作曲にも
携わった1曲で、しかもアルバムの中で最後に完成。
結果、「アルバムを象徴する曲になった」とのちのインタビューで
話していて、まさに、新たな1歩をふみだした曲のひとつです。
    
この曲には、「いまの自分の生き方に悩みながらも、
自分を肯定して、前を向いて生きていこう」という強い意志が
込められていて、志帆さん自身、そして聴く人みんなを包み込む応援歌です!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月16日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2019.05.16

5月15日O.A.〜J-POP Memories〜「前前前世」RADWIMPS

この曲は、2016年に公開された
新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』の挿入歌として書き下ろした1曲で、
映画の大ヒットとともに、その象徴的な曲として話題を集めました。

お届けした楽曲は、RADWIMPS「前前前世」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories〜」。
今回は、時代をこえて元気になれるJ-POPの名曲をセレクトします!

この「前前前世」はもちろんですが、映画『君の名は。』の
サウンドトラックをすべてRADWIMPSが手がけていて、
制作の初期段階から作品に関わっているのも特徴のひとつです。
    
新海誠監督は、最初にデモを聴いたときに「なんてものができてしまったんだ!」と興奮し、
思わず涙が出てしまったというエピソードをのちに語っていて、
映画の大ヒットは、RADWIMPSの音なくしては成し得なかったといっても
過言ではないでしょうね。

ボーカルの野田洋次郎さんは、
「恋をこんなに真正面に表現したこと自体、本当に珍しいこと。」と
作品の世界観に背中をおされたことを話していて、まさに時空を超えて響く
ストレートなサウンドと言葉に共感できる1曲です!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月15日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.05.15

5月14日O.A.〜J-POP Memories〜「Dream Fighter」Perfume

この曲は2008年のシングルで、
まさにタイトル通り、夢を追いかけて頑張っている人への
応援歌で、常にチャレンジし続けてきたPerfumeと重なって強いパワーを持った1曲です。

お届けした楽曲は、Perfume「Dream Fighter」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories〜」。
今回は、時代をこえて元気になれるJ-POPの名曲をセレクトします!

この曲をプロデューサーのナカタヤスタカさんから受け取ったメンバーは、
「いままでの中でもびっくりするくらいの前向きな曲で
自分たちPerfumeのことを曲にしてくれたようにも感じるし、
聞いてくれた人たちが、今日も頑張れそうって思ってくれたらすごく嬉しい」
と話していましたが、
これまでにあった王道な人生の応援歌の枠を飛び越えて
「最高を目指す!」という何とも気持ちいいというか、
彼女ららしいメッセージになっているのがいいですよね!

Perfumeは、この曲のリリースと同じくして夢であった
日本武道館でのコンサートを成功させていて、
まさにドリーム・ファイターを代表する存在へとなっていきました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月14日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2019.05.14

5月13日O.A.〜J-POP Memories〜「どんなときも。」槇原敬之

この曲は1991年のシングルで、
織田裕二さん主演の映画『就職戦線異状なし』の主題歌に起用され
自身のシングルとしては最大のヒットとなりました。
その後も、春の選抜高校野球の入場行進曲に採用されたり、
様々なテレビCMでも使われるなど、国民的ヒット曲としていまも愛されています!

お届けした楽曲は、槇原敬之「どんなときも。」

今週は「SONG OF LIFE〜J-POP Memories〜」。
今回は、時代をこえて元気になれるJ-POPの名曲をセレクトします!

この曲は、槇原敬之さんが音楽関係の人から、
「いま、織田裕二主演の映画主題歌を募集しているから
送ってみたら?」と勧められたことがきっかけ。
そのときに頭に浮かんだフレーズが「どんなときも」だったらしく、
その言葉に導かれるように曲を作り上げ、
見事、主題歌を勝ち取ったということです。
    
このエピソード自体にも夢があり元気をもらいますが、
「どんなときも」という言葉、そして、
「迷い探し続ける日々が答えになることを僕は知っている」
「その人を守れる強さを自分の力に変えていけるように」
と、いつの時代にも優しく響く、等身大のメッセージソングになっています!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

5月13日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2019.05.13

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 370 | 371 | 372 || Next»