8月3日O.A.「Waiting For A Star To Fall 」Boy Meets Girl  

今朝、お送りしたのは、Boy Meets Girl、1988年のナンバーです。
「Waiting For A Star To Fall」。

80年台に活躍した、ジョージ・メリルとシャノン・ルビカムによるデュオ、Boy Meets Girl。
ソングライターでもあった二人は、ホイットニー・ヒューストンの「素敵なサムバディ」をはじめ、
数々のヒット曲を生み出しています。
この曲は、ホイットニー・ヒューストンのコンサートに出掛けた時に流れ星を見つけた事がきっかけで、書き下ろされましたが、ホイットニーがレコーディングする事は無く、
数年後、自分たちの2枚目のアルバムに入れたところ大ヒットした・・・という曲です。


その88年は、ソウルオリンピックが行なわれた年。
神奈川県の、ラジオネーム〔当時は浪人生〕さんからはこんなメッセージを頂いています。

「ロンドンオリンピックの柔道男子は、なかなか苦戦が続いていますが、
1988年ソウルの柔道男子も最終日まで金メダルなしの大苦戦でした。
最後の最後に斉藤仁選手が金メダルを手にしたのですが、
その決勝戦よりも、準決勝の韓国代表選手との一戦が印象的で、
今でもオリンピック最高の名場面だと思っています。
斉藤選手優勢で残り時間は1分を切り、「待て」がかかって柔道着を整えた後、
斉藤選手がある一点を見つめて、頷くシーンがカメラに映りました。
それは実況席にいたかつてのライバル山下選手でした。さらにそのシーンを、
アナウンサーが気付き、
「今、斉藤は山下さんを見たのではないですか?」とその場で逃さずに実況しました。
日本チームの危機を前に、両雄の絆を感じた、素晴らしいシーンでした。」

こうしたちょっとした場面に、深いドラマが隠されているのも、オリンピックならではです。

 この大会で日本は結局、金4個。銀と銅を合わせても14個と低調でした。(レスリングの小林孝至、佐藤満。柔道の斉藤仁、競泳100m背泳ぎの鈴木大地)

ただ、メダルの色や数も大事ですけど、いかに人の心に響く頑張りを見せられるか・・・それがのちのち、人々の記憶にも残って行くものだと思います。引き続き、ロンドンの日本代表の頑張りに、注目しましょう!
  •      

2012.08.03

8月2日O.A.「 Diamonds(ダイアモンド) 」PRINCESS PRINCESS

今朝お届けしたのは、千葉県にお住まいの、マッキーさんから頂いたリクエスト!
プリンセスプリンセスで、「ダイアモンド」。1989年の大ヒットシングルです。

マッキーさんから頂いたメッセージ、ご紹介します。

『私のオリンピックの思い出と言えば…
1992年のバルセロナオリンピック 女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子選手です。

当時、私は小学校6年生。12歳で、初めてオリンピックというものを意識した気がします。

自分と2つしか変わらない14歳の岩崎選手の金メダルは、とても衝撃的で、
テレビに彼女が映る度に釘付け!憧れの人になっていました。


更に、オリンピックが終わってからも、その熱は治まらず、
彼女が表紙になったバルセロナオリンピック特集の雑誌を買ってしまったほど。
その記事も、穴が空く程見たと思います。

もう、20年も前のことかと思うと、とても懐かしいですね。
その雑誌は、今でも実家の私の机の引き出しにしまってありますが、
今度帰った時に、久々に見てみようかな〜と思います(笑)

リクエストは、小学生の頃、よく聞いていた、
プリンセスプリンセスの「ダイアモンド」をお願いします。』


1992年のバルセロナオリンピック。
競泳女子200m平泳ぎで、金メダルを獲得した岩崎恭子さんは、なんと14歳!中学生でした。
この競技での金メダルは、1936年以来、日本人として56年ぶり史上2人目。
また、競泳では史上最年少という記録を打ち立てました。記録も2分26秒65。
当時のオリンピック新記録でした。

そして、やはり、岩崎さんで印象に残っているのは、あの言葉ですよね。
 「今まで生きてた中で、一番幸せです。」


今回のオリンピック報道でも、競泳のコメンテーターとして活動中。
変わらない面影に懐かしさを感じているかたも多いのではないでしょうか。



  •      

2012.08.02

8月1日O.A. 「BLOWIN’」B’z

さあ!今日から8月です。今朝の1曲は B’z「BLOWIN’」。

今週はオリンピックにちなんで、リスナーのあなたから頂いたオリンピックにまつわる思い出と
その年のヒット曲をお届けしています。
今朝の1曲は、ラジオネームちゃまいろさんからいただきましたリクエストとメッセージです。

「1992年、バルセロナオリンピックでのバスケットアメリカドリームチームのプレイが今でも忘れられません。師匠であるスコッティ・ピッペン。
言わずとも、マイケル・ジョーダンや、マジック・ジョンソン、ラリー・バード。あまりに豪華なメンバーばかりで、誰が出て来ても、どんなプレイをしてくれるか
ドキドキ出来た「ドリーム」そのものでした。

当時は学生、バスケット部で合宿中。
皆で集まって何度も見てはマネをする日々。
暑い夏でしたが、充実した夏になったことを思い出します。

毎日早朝からB'zの「BLOWIN'」を聞いてランニングをしていた事を思い出します。
「絶対あのプレイが自分でも出来る!」と念じながら。」
     
1988年のソウルオリンピックでアメリカはバスケットボール男子で金メダルを逃し、
それがきっかけで、プロ選手の参加を働きかけ、従来のアマチュア主義が
路線変更。1992年の男子バスケットボーリアメリカ合衆国代表チームが誕生することになります。

商業主義、アメリカの圧力、、いや、世界最高の技術の舞台がオリンピック、、様々な意見がありましたが、今朝いただいたメッセージが、その議論への一つの答えになっているのかもしれません。

オリンピックの感動!それはどんな言葉にもまして、心に残るものなんですね!

選手たちのメダルを争う姿勢、人生を賭ける姿、その瞬間は誰のものでもありません。
まさに、世界最高の技術の祭典、、多少眠くても、ここはがんばって起きて、、応援がんばりましょう!
(まだ10日以上、、あります、、)
  •      

2012.08.01

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
.
  • 番組への感想・リクエストを送る
.
  • ノエビアについてもっと知りたい方はこちら
  • NOEVIR Color of Life 毎週土曜日 9:00〜9:30 ON AIR
  • NOEVIR BOTANICAL LIFEこの番組は、2021年3月で終了しました。
.
< 2012年08月 >
MonTueWedThuFriSatSun
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031