11月2日 「もらい泣き」一青窈

今朝お送りしたのは、一青窈、2002年リリースの1stシングル「もらい泣き」。

小学生のころから、宮沢賢治に触発されて詩を書き始めた、という彼女の作品は、
言葉の選び方、結び方が独特で、プロデューサーの武部聡志さんが、
「一青の詩は日本一」と公言するほど、デビューの頃から洗練されていました。

デビュー曲の「もらい泣き」でいきなりブレイクした後も、「ハナミズキ」や「影踏み」など、
独自の世界観を持った作品を発表して、ファンの支持を集めています。

早稲田受験に失敗したのち、慶応大学に入学。
学園祭の時は裏方として走り回っていた・・・という彼女が、
デビュー後、初めて学園祭のゲストとして出演したのが、
2009年、藤沢市の日大湘南キャンパスで行なわれた「藤桜祭」。

この時に彼女は、ライブステージの終演後、
サプライズで、学園祭スタッフの学生たちのためだけに、再びステージに上がって、
まだ発売前だった新曲「うんと幸せ」を、プレゼントとして歌ったんだそうです。

自分が学園祭で裏方として走り回っていた姿が、重なったんでしょう。
このサプライズの歌のプレゼントは、
学生たちにとっても最高の思い出になったんじゃないでしょうか?
今週末も各地で学園祭が行なわれますが、
学生たちに良い思い出を残すものになるといいですね。
  •      

2012.11.02

«Prev || 1 || Next»