5月17日O.A.「I’m Not In Love」10CC         

「ノエビア Song of Life」。金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。今月のテーマは、「ドライブ」!

都内にお住まいの、ラジオネーム〔アイシャ〕さん、30代女性の方からのリクエストにお応えしました。
     
 10cc、「アイム・ノット・イン・ラブ」。

1975年の作品、この「アイム・ノット・イン・ラブ」。
イギリス、マンチェスター出身の4人組によるバンド、10ccの代表曲です。

「架空の映画のサウンドトラック」というコンセプトのアルバム、
『オリジナル・サウンドトラック』中の1曲で、発売当初、“ライヴでこの楽曲の
クオリティーを表現出来ない”として、メンバーがシングルカットを拒んだという作品です。
ちなみに、この印象的なバックコーラスは、
メンバーの声を〔テープ編集〕で624人分に増幅して作成されています。

今と違ってライブで表現するのは難しかったんでしょうね。

さて、この歌にリクエストを下さった、ラジオネーム〔アイシャ〕さんからは、こんなメッセージも・・・

「私のドライブソングは10ccの『I‘m Not In Love』です。
東京在住の私は遠距離恋愛中。彼は福岡です。
私が福岡に逢いに行ったとき、彼の車で佐賀県唐津まで行き、呼子のイカを堪能し、
名護屋城へも行きました。そのドライブの時に聴いたのがこの曲です。
曲の内容はフラれた男性の未練の歌ですが、彼は、
「この曲の男性の気持ちなんか理解できる。フラれてないけど離れてるからなんだか切なくなる。」って言っていました。でも、私はこの秋、彼と遠距離恋愛を実らせてゴールインします」

おめでとう!でも結婚式のBGMでこの歌は使わない方がいいかも!


  •      

2013.05.17

5月16日「Ai No Corrida (愛のコリーダ)」 Quincy Jones  

今朝は、1981年、クインシー・ジョーンズの「愛のコリーダ」。

クインシー・ジョーンズと言えば、世界中でもっとも売れたアルバム、マイケル・ジャクソンの
『スリラー』をプロデュース。そのほかにも、マイルス・デイビスやフランク・シナトラなど
とにかくそうそうたるスターと仕事をしているまさに音楽界の重鎮です。

初来日となった32年前、1981年にリリースされた名盤がこの『THE DUDE』。
そして、今年の3月で80歳になったこのクインシー・ジョンズが、なんと、、、
まさに32年ぶりとなる来日公演を発表しました。
7月28日にBLUE NOTE TOKYO、7月31日と8月1日に東京国際フォーラム。

また、メンバーもパティー・オースティン、ジェームス・イングラム、サイダー・ギャレットなど
たまらない歌声も共演!
そして、もちろんこの曲「Ai No Corrida (愛のコリーダ)」 も演奏してくれることでしょう。
今から楽しみですね。
  •      

2013.05.16

5月15日O.A.「時間よ止まれ」矢沢永吉

今朝の1曲は矢沢永吉さん「時間よ止まれ」。
これはオリジナルレコーディングではなく、2002年のセルフカバー・アルバムのバージョン
より聞いていただきました。

矢沢永吉さんは、1949年広島市生まれ。
1972年にロックンロールバンド「キャロル」のリーダーとしてデビューします。
キャロル解散後は、日本人ロックアーティストとして初めての日本武道館公演、
後楽園球場での単独公演等を成功させ、さらに、自分の生き様を書いた著書「成り上がり」で、
一大“矢沢”ブームを作り上げます。
ちなみに、公式ホームページによると、武道館公演回数は122回で、
こちらもアーティストの最多記録だそうです・・・。

デビュー以来、2008年を除いて毎年欠かさずコンサートツアーを行っていて、
今年も11月からのコンサートツアーが決定。
そして、今日、オールタイム・ベストアルバムもリリースされます!



  •      

2013.05.15

5月14日O.A.「COME FLY WITH ME」 FRANK SINATRA

ノエビアSong of Life!
今朝の、世代を超えて伝えたい名曲は
「COME FLY WITH ME」 フランク・シナトラです。
実は今日がこのアメリカを代表するシンガーの命日です。

1935年に歌手デビューして以来、半世紀以上に渡り、
ショービジネス界の第一線で活躍。
「マイ・ウェイ」などの大ヒットはもちろん、映画俳優としても活躍し、
1953年には第26回アカデミー賞助演男優賞を受賞しています。

一方、政界有力者との交友や、女性問題や脱税、マフィアとの関係が取りざたされるなど、
波乱に満ちた人生でもありました。
しかし、その曲は今なお幅広い世代で愛されています。
多くのポップ&ロックシンガーにカバーされる「マイウエイ」。
そして、NYでは子供から老人までもが口ずさむ「ニューヨーク ニューヨーク」

1915年12月マンハッタンからほど近いニュージャージー州の
ホーボーケンと言う小さな街で生まれたフランクシナトラ。
1998年、5月14日に82歳で他界しています。

  •      

2013.05.14

5月13日O.A.「SAILING」 Rod Stewart 

今朝、お送りしたのは、1975年のヒット曲、ロッドスチュワート、「セイリング」です。
これは、名曲の中の名曲、イギリスの第2の国歌とも称されています。

これまで、全世界で1億5000万枚以上のアルバムセールスを誇り、
ロックの殿堂入り、グラミー賞受賞、大英帝国第3級勲位受勲など
素晴らしい功績をもつスーパースター、ロッドスチュワート。

そんな、ロッドスチュワートが15年ぶりに作詞作曲を手掛けた新作、
『タイム〜時の旅人〜』を先週リリース!
派手な女性関係、生活を満喫する彼ですが、
レコード会社の重役に新曲を聴かせる度に『最低だ』と言われ、
自分はもう終わったんだと思い込んでいたそうです。

そんな中、旧友であり、ロッドスチュワートの右腕としてサポートを続けてきた
ギタリスト、ジム・クリーガンに「15年間曲を書いていないのは良くない!」と尻を叩かれ、
作曲に再挑戦。書いてみると「イマジネーションが川のように湧いてきた」そうです。

数年前、長く住んだアメリカを離れ、またイギリスにもどった
「ロッド」。1945年生まれ。68歳にしてこの曲「セイリング」のように、
今度はまた「新しい」音楽の旅をはじめました。


  •      

2013.05.13

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»