5月31日O.A.「ジュビリー」くるり                    

今朝お送りしたのは、くるり、「ジュビリー」。
2007年、くるりが、日本人ロックバンドとしては初めて、ウィーンでレコーディングした曲で、
プロデューサーは、フランス人のステファヌ・アルフ・ブリア。

どこか浮遊感のあるアレンジとメロディーは、そんなレコーディングの影響もあるのかもしれません。
タイトルの「ジュビリー」は、「歓喜」を意味しているそうです。

この歌にリクエストを下さった、ラジオネーム〔Kukka〕さんからは、こんなメッセージも・・・

「私の思い出のドライブソングは、くるりの「Jubilee」です。
片想いしていた大学の先輩が卒業。その先輩を、車で大阪から東京へ送り届ける機会があり、
私が運転し、先輩が曲を選んでかけていました。
もうすぐ高速を降りるというあたりで、この曲をかけ、
『歓びとは誰かが去るかなしみを 胸に抱きながらあふれた 一粒の雫なんだろう』の部分を一緒に歌い、
「その通りやと思うねん・・・」と悲しそうに呟いていました。
結局告白できないままお別れしましたが、私は先輩が去る悲しみと、一緒にドライブできた歓びとで、
とても複雑で切ない気持ちでいっぱいでした。」

こういう切ない気持の方が、色あせずに残るものなんですよね。
音楽は流れた瞬間に霧のようにはかなく消えてゆきますが、
その音楽が心に刻んだ記憶は一生残ってゆきます。

6月はまた新たなテーマでリクエスト募集します。お楽しみに!
  •      

2013.05.31

«Prev || 1 || Next»