5月16日O.A.「タオル」クレイジーケンバンド

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。

5月と6月は、2ヶ月の通しテーマ、[アウトドアのシーンにあなたが持って出かけたい一曲]
今朝はラジオネーム[れんれん]さんからのリクエスト。

[れんれん]さんからはこんなメッセージ・・・

「インドア派の長男(8才)をアウトドア派に変えようと、去年からキャンプに行き始めました。
しかし虫嫌いな長男は、蝉もバッタも捕まえる事が出来ず、飛んできた蝉にビビり泣く始末・・・(笑)
反対に次男(3才)は虫を踏みつけ、魚を掴み、山の斜面を滑り台替わりにするなど、
野性児ぶりを発揮していました。そんな弟の姿に対抗心が芽生えたのか、長男も木登りに挑戦したり、
お父さんと一緒にタープを立てたり、野菜を切ったりと自分の出来ることを探して楽しんでいるようでした。
今年は夏に山梨あたりに行こうかと思っています。道志村の川がとてもきれいなので、
子供たちと水遊びしたいです!そして、今年こそは長男が蝉を捕まえられるように、
一緒に頑張りたいと思います!リクエストはクレイジーケンバンドの『タオル』をお願いします」

クレイジーケンバンド「タオル」は、2007年リリースの9枚目のアルバム、「SOUL電波」収録曲。
夏の午後を思わせる気だるいメロディーに、横山剣さんらしい茶目っけのある歌詞の作品です。

兄弟共に元気に成長してくれるといいですね。
  •      

2014.05.16

5月15日O.A.「Live Forever (Live Paris Instore) 」Oasis

今日ご紹介したのは、OASISの「リブ・フォーエバー」です。

この曲は、1994年8月にリリースされた、デビューアルバム『ディフィニトリー・メイビー』に
収録され、OASISの名を世界に知らしめた重要な1曲です。

デビューから今年で20周年ということで、
昨日、5月14日に、デビューアルバム『ディフィニトリー・メイビー』の
20周年記念盤がリリースとなりました。
デラックス・エディション盤には、ノエル・ギャラガーが初来日の時に東京のホテルで録音した楽曲や、
アルバム発売当初にパリで行われたインストア・ギグでの未発表ライブテイクなども収録され、
初期OASISの貴重な音源を聴くことができます。
    
2009年にノエル・ギャラガーが脱退を表明したことで、OASISは事実上解散。
現在は、それぞれの活動を行っている中、毎年のように再結成が噂されています。
弟でヴォーカルのリアム・ギャラガーは、「もし本当に再結成するなら
デビューアルバム記念ライブをやるのもいいかもね」と語っていただけに、
この20周年イヤーは注目です。

    
  •      

2014.05.15

5月14日O.A.「マルシェ」KICK THE CAN CREW

今日ご紹介したのは、キック・ザ・カン・クルー「マルシェ」です。

キック・ザ・カン・クルーは、リトル、クレバ、MCU(エム・シー・ユー)からなる
3人組ヒップホップ・ユニットです。
インディーズ時代からヒップホップシーンで大きな注目を集め、2001年メジャーデビュー。
山下達郎さんの名曲をサンプリングした「クリスマス・イブRap」や、「マルシェ」のヒットで
一気に人気者に。

Dragon AshやRIP SLYMEと共に、
「ヒップホップ」を日本のメジャーシーンに持ってきたグループです。
しかしメジャーデビューからわずか3年、2004年6月のライブをもって、活動を休止。
現在はメンバーそれぞれ、ソロで活動しています。
そして活動休止から今年で10年・・・。
なんと、今年の夏フェス、「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル2014」のステージで
キック・ザ・カン・クルーが復活すると発表されました!
8月2日、“この日限り”の復活ライブ。ファンの方は見逃せないんじゃないでしょうか!
夏の楽しみがひとつ増えましたね!

  •      

2014.05.14

5月13日O.A.「独裁-monopolize-」 T.M.Revolution

今日ご紹介したのは、1996年の今日デビューした、T.M.Revolutionです!
デビューの「独裁 モノポライズ」

T.M.Revolutionは、西川貴教さんのソロプロジェクトの名前。
当時はこの名前にビックリした方も多かったと思いますが、その意味は、
「貴教・メイクス・レボリューション」、“貴教が革命を起こす”!

96年の今日「独裁 モノポライズ」でデビュー。同じ年にリリースされた3枚目のシングル、
「ハート・オブ・スウォード〜夜明け前」が、少年ジャンプの漫画「るろうに剣心」のアニメのテーマソングに
起用されるなどしたことからロングセールスを記録。ブレイクのきっかけとなります。
翌年97年に、「ホワイトブレス」でオリコンシングルチャート1位を記録。
98年にはアルバムがミリオンセラーを記録し、さらに、今や夏の代名詞「ホットリミット」もヒットします。
2000年代には、ガンダムシリーズの主題歌を手がけたり、声優の水樹奈々さんや、
ガールズバンド・スキャンダルとコラボしたり、多方面での活躍をされています。
  •      

2014.05.13

5月12日O.A.「You Can Get It If You Really Want」Jimmy Cliff 

今日、お送りしたのは1972年のヒット曲
ジミー・クリフ、「ユー キャン ゲット イット イフ ユー リアリー ウォント」。
       
昨日はボブ・マーリーの33回目の命日でした。
そのボブ・マーリーに並ぶレゲエ界のレジェンドと言えばこのジミー・クリフ!
二人ともレゲエという音楽のジャンルを超えて愛され続けています。

ジミー・クリフが世界的に人気を掴んだのは、
1972年の映画『ハーダー・ゼイ・カム』に主演してからで、
演技とともに彼の楽曲を中心としたサウンドトラック盤もヒットし、
全米でレゲエブームが起こりました。
そして1985年にはアルバム『クリフ・ハンガー』でグラミー賞を受賞しました。

さらに、2010年にはボブ・マーリーに続き、
レゲエ界では2人目の「ロックの殿堂」入りを果たしました。

「本当に欲しいなら、キミのものになるんだ!
キミの行く道には必ず壁がある!
その道が険しければ険しいほど、
勝利の味は素晴らしいんだ!」

そのジミー・クリフ、今月には来日ライブを行います!
  •      

2014.05.12

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»