11月25日O.A.「I Feel Love 」 Donna Summer

今日紹介したのは、ドナ・サマーの「アイ・フィール・ラブ」です
なつかし曲ですが、去年大ヒットした映画「アメリカンハッスル」のサントラにも収録されています。

「アイ・フィール・ラブ」は、“ディスコの女王”とも呼ばれたドナ・サマーの1977年のヒットソング。
この曲をプロデュースしたのはジョルジオ・モロダーというイタリアの音楽プロデューサーで、
シンセサイザーを使用した演奏や曲作りをしてきていました。
「アイ・フィール・ラブ」は、70年代のアメリカで興っていたディスコブームの波にも乗り、
シングルチャート6位までのぼるヒットを記録します。
これまでジョルジオ・モロダーにプロデュースされたアーティストは数知れませんが、
80年代に彼は、映画音楽業界でも大成功します。
たとえば、「アメリカン・ジゴロ」「フラッシュ・ダンス」「ネバー・エンディング・ストーリー」「トップガン」など。
中にはアカデミー賞・歌曲賞も受賞した作品もあります。

去年大ヒットしたダフトパンクのアルバムには、ジョルジオ・モロダーが
自分の音楽との歴史を語った「ジョルジオ・バイ・モロダー」という9分くらいの曲も入っていて、
ダフトパンクのリスペクトっぷりがうかがえます。
さらに去年は、日本の音楽フェス「ワイヤー」に、当時73歳にして、DJで参戦!
来年春には30年以上ぶりのソロアルバムもリリース予定と、まだまだ精力的に活動しています。

  •      

2014.11.25

«Prev || 1 || Next»