3月28日O.A.「旅立ちの日に」中孝介

金曜日は月替わりのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。
今月のテーマは、「あなたの卒業ソングリクエスト」!
ラストの今朝は、ラジオネーム〔タピオカ〕さん、〔やっちゃん〕さんほか、
たくさんのリクエストを頂いています、合唱曲、「旅立ちの日に」。
歌声は中(あたり)孝介でお届けしました。

頂いた方々の中から、〔クラオ〕さんのメッセージ・・・

「小学校の卒業式で『旅立ちの日に』を歌いました。
僕たちの学年は27人しかいなく、先生も今年で定年。つまり先生にとっても最後の卒業式でした。
僕たちは一生懸命に練習し、卒業式を迎えました。そして、練習していた『旅立ちの日に』で、
僕は仲間との思い出や、先生との別れを思い、泣き崩れてしまいました。
隣の子が慰めてくれましたが、その子の目にも涙が。先生も泣いていました。いい思い出です。」


「旅立ちの日に」は、1991年、埼玉県秩父市の中学校の校長先生が作詞、
音楽の先生が作曲した作品。
当時、非行で荒れていた学校を、音楽の力で立て直そうという教育を実施していましたが、
その集大成として、この作品は書き下ろされたんだそう。
その後、徐々に他の学校でも唄われるようになり、SMAPやいろんな歌手がレコーディングしたことから、
卒業式の定番になっていきました。
生徒たちへの思いをこめて書き下ろされた歌だから“こそ”、訴えかけるものがあるんでしょうね。

  •      

2014.03.28

«Prev || 1 || Next»