4月22日O.A.「Winding Road 」 絢香×コブクロ 

金曜日はシーズンごとのテーマで、リクエストとメッセージをご紹介しています。
4月のリクエストテーマは、新しいことにチャレンジすることも多いこの時期、
「気持ちをリセットする時に聞きたい1曲」です。

今朝は兵庫県のラジオネーム[ピーマン]さん、34歳・女性の方からのリクエストに
お応えしました。
絢香・コブクロ、「Winding Road」です。

メッセージです。
「まさに息づまった時や、春から新生活を始める時に聞きたくなります。
なんとなく就職していた20代。
調理というやりたい事が見つかって勉強し直すんですが、なかなか仕事が見つからない、
見つかっても馴染めない、うまくいかない時に本当に良く聞いて、背中押して貰いました。」

「ピーマン」さん、一歩一歩頑張ってください!
  •      

2016.04.22

4月21日「手をとりあって- Teo Torriatte」 Queen     

今日お送りしたのは、Queenの、「手をとりあって- Teo Torriatte」です。

Queen、1976年のアルバム、「華麗なるレース(A Day at the Races)」に収録された一曲で、
タイトルと歌詞に日本語が使われていることから、とくに日本では人気のある曲ですよね。
最近も手嶌葵さんがカバーしています。

そのQueenのボーカルとして活躍していたFreddie Mercuryは、1991年、
エイズによる合併症のため、45歳で死去。
その翌年1992年4月20日に、「フレディ・マーキュリー追悼コンサート」が、
ロンドンのウェンブリー・アリーナで開催されました。
参加したのは、メタリカ、エクストリーム、デフレパード、U2、ガンズ&ローゼスなどそうそうたる顔ぶれ。
72000人分のチケットは発売開始から2時間で完売したそうです。
またエイズ撲滅のチャリティーコンサートだったので、マスコミなどの関係者であっても有料。
グッズなどの収益もチャリティーに回された結果、総額50億円以上が集まったと言われています。

音楽の力で、困っている人たちの力になろうという試みは、今もさまざまな形で行われています。「熊本」のために立ち上がるアーティストも、これから続々と現れるでしょうね。

  •      

2016.04.21

4月20日O.A.「色彩のブルース」EGO-WRAPPIN' 

今日ご紹介したのは、エゴ・ラッピン、2000年リリース、人気となるきっかけとなった
1曲、「色彩のブルース」です。

エゴ・ラッピンは1996年に大阪で結成されたユニット。
メンバーはボーカルの中納良恵(なかの・よしえ)さん、そしてギターの森雅樹(もり・まさき)さんの2人組で、昭和歌謡曲や、戦前のジャズから行き着いたキャバレー音楽などをベースに
独自のジャンルを開拓。懐かしいけど、新しいサウンドを奏でています。

そんなエゴ・ラッピン。今年は結成20周年。本日、オールタイムベスト&カヴァーアルバム
「ルート・トゥエンティ・ヒット・ザ・ロード」をリリース。代表曲の「くちばしにチェリー」や
色彩のブルース」をはじめ、2人の音楽のルーツとなった曲のカバーも収録されています。

来月からは全国ツアーもスタートするんですが、東京は初の日本武道館!
夏フェスへの出演も予定されています。
  •      

2016.04.20

4月19日O.A.「 Say You, Say Me 」 Lionel Richie

今日紹介したのは、ライオネル・リッチーの「セイ・ユー、セイ・ミー」です!

ライオネル・リッチーは、アメリカのシンガーソングライター、プロデューサー。
1974年、「コモドアーズ」というファンクバンドとしてデビューします。
82年にはソロデビュー。すぐさま全米ナンバーワンヒットを放ち、グラミー賞を受賞、
さらに85年にはマイケル・ジャクソンと「ウィー・アー・ザ・ワールド」を作曲し、その歌い出しも務めます。その翌年、86年に「セイ・ユー、セイ・ミー」で、自身5曲めの全米1位を獲得、
さらには、アカデミー歌曲賞も受賞します。
そんなライオネル・リッチーにもう一つ勲章が増えます。
今年6月の「ソングライターの殿堂」で、最も名誉ある、ジョニー・マーサー賞を受賞することが
決定しました。これは、殿堂入りしたスターの中からさらに選ばれる賞で、まさに音楽界の頂点に
到達したといっても過言ではないでしょう。
  •      

2016.04.19

4月18日O.A.「Breakout 」Swing Out Sister

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるきっかけとなった曲や
デビュー曲をご紹介していきます。
今朝、ご紹介した曲は、スウィング アウト シスター、「ブレイクアウト」。
  
ノッティンガム出身でデザイナー、ファッション・モデルとして活躍しながら
シンガーになる夢も持っていた「コリーン・ドリューリー」と
マンチェスター出身で7歳の頃からピアノを習い、
マンチェスター大学で哲学を学んでいたという「アンディ・コーネル」のデュオグループ
スウィング アウト シスター
このグループ名は映画『スウィング アウト シスター』から取られたそうです。

1985年にシングル「ブルー・ムード」でデビュー。
デビュー曲は今ひとつ、話題になりませんでしたが、
翌年にリリースしたセカンド・シングル「ブレイクアウト」が
全英チャート4位となり、ゴールド・ディスクを獲得!
アメリカ、日本も含め全世界で大ヒット。
グラミー賞にノミネートされるなど、一躍世界に名をとどろかせました。
       
実は、この曲「ブレイクアウト」がリリースされた時は、
メンバーにドラムのマーティン・ジャクソンがいて3人グループでしたが、
音楽性の違いからマーティン・ジャクソンが脱退、
現在のデュオグループとなりました。
  
  
    
  •      

2016.04.18

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»