1月14日O.A.「Time After Time」Tuck & Patti 

今日ご紹介したのは、タック&パティーの「TIME AFTER TIME」です。

この曲は、シンディー・ローパーがオリジナルで、1984年に全米NO.1ヒットを記録。
のちにマイルス・デイビスをはじめ、このタック&パティーなど数々の
ミュージシャンがカバーし、いまやスタンダードになりつつある1曲です。
    
タック&パティーは、ギターとヴォーカルの夫婦デュオ。
そのテクニックと表現力は素晴らしく、88年にリリースされたデビューアルバム
『ティアーズ・オブ・ジョイ』に収録された「TIME AFTER TIME」は、
彼らの代表曲となりました。
    
そんなタック&パティーがいよいよ今日から、来日公演を行います。
    
リスム、メロディー、ハーモニーをギター1本で奏でるタックのギターと、
暖かくソウルフルなパティーの歌声は、寒い冬にこそ聴きたいですね。
  •      

2016.01.14

«Prev || 1 || Next»