10月10日O.A.「スリラー」マイケル・ジャクソン 

毎週、月曜日は、アーティストがスターへ登りつめるキッカケとなった曲や
デビュー曲をご紹介していきます。
今日、紹介したのは、マイケル・ジャクソン、「スリラー」です。
そのミュージック・ビデオも含め、あまりにも有名なこの楽曲、作詞・作曲を手掛けたのは
ロッド・テンパートンという人物です。
ロッド・テンパートンは学校を卒業後、一時は会社員として働きますが、すぐにミュージシャンへ転向。音楽プロデューサー、クインシー・ジョーンズにその才能を高く評価され     
マイケル・ジャクソンのアルバム「オフ・ザ・ウォール」に参加したことをきっかけに、
数々の名曲を生み出しました。
1983年発表のアルバム「スリラー」は、全米チャートで37週連続1位を記録。社会現象となりました。マイケル・ジャクソンに限らず、多くのアーティストの楽曲を制作してきたロッド・テンパートンですが、先週、惜しまれながら癌により他界。66歳でした。
ナイル・ロジャース、マーク・ロンソン、ザ・ウィークエンドなど、  
彼の友人や影響を受けた多くのミュージシャンから追悼の言葉が挙がっています。

  •      

2016.10.11

10月7日O.A.「 Angels」 Robbie Williams

今日ご紹介したのは、ロビー・ウィリアムスの「エンジェルス」です。

この曲は、ロビー・ウィリアムスが1997年にリリースしたソロデビューアルバムからの1曲で、
ソロとしての成功へと導いた重要な1曲です。
今やイギリスの大スター、ロビー・ウィリアムスがこのほど、
イギリスで最も権威のあるアワード、ブリット・アワードが主催する
「アイコン・アワード」を受賞することが発表されました。
ちなみにロビーはこれまでにブリットアワード史最多の、17個の賞を受賞していて
今回で18個目となります。

このアイコン・アワードは、特別名誉賞とも言われていて、
これまでにエルトン・ジョンとデビッド・ボウイに贈られていて、今回で3人目の快挙となりました。
    
  •      

2016.10.07

10月6日O.A.「October Road」James Taylor   

今日お送りしたのは、James Taylor、「October Road」です。

この曲は、2002年、グラミー賞を受賞した「Hourglass」から5年を経てリリースされた
アルバム、「October Road」に収録されたタイトルトラックです。

1968年にデビューしたJames Taylorは、グラミー賞や〔ロックの殿堂入り〕など、
華々しいキャリアを積み重ねて来ましたが、
このアルバムが前作から5年ぶり。そしてこのあとまた長いブランクがあって、
去年13年ぶりのオリジナルアルバム「Before This World」をリリース。
そしてこれがビルボードで自身初めてのチャート1位を獲得するなど存在感を示しました。

まさに秋にふさわしい曲ですね。
  •      

2016.10.06

10月5日O.A.「My First Kiss」Hi-STANDARD 

今日ご紹介したのは、バンクロックバンド、Hi-STANDARD(ハイ・スタンダード)です。
代表曲アニメ「キテレツ大百科」の主題歌「はじめてのチュウ」をカバーした 「My First Kiss」
をお届けしました。

ハイ・スタンダードは1991年8月に結成。今年結成25年を迎えました。本日、16年ぶりの新曲「ANOTHER STARTING LINE」を事前プロモーション告知なしにリリース!
店着日の昨日は、店頭に並ぶ商品を見て、SNSなどで話題となりました。

また、現在のところ、CD販売のみのリリース。CDショップに行かないとゲットできません。
そんなハイスタ。年末12月23日には4年ぶりに音楽主催フェス「AIR JAM 2016」を
福岡で開催。Hi-STANDARDはもちろん、ONE OK ROCK、MAN WITH A MISSION、
WANIMAなど豪華ラインナップが出演するライブとなりそうです。

  •      

2016.10.05

10月4日O.A.「Fame 」 David Bowie

今日は、デヴィッド・ボウイにまつわる話題と曲「フェイム」をお届けしました。
この「フェイム」は、75年にリリースされたアルバム「ヤング・アメリカン」に収められており
R&Bのテイストを取り入れ、ジョン・レノンと共作したナンバーです。

今年の1月に亡くなったイギリスのアーティスト、デヴィッド・ボウイの大回顧展、
「デヴィッド・ボウイis」が、来年1月から4月に、東京・寺田倉庫G1ビルで開催されます。
この回顧展「デヴィッド・ボウイis」は、2013年、ロンドンでスタートして、
彼の50年に渡るキャリアを総括したような展示会で、各国で非常に高い評価を得ています。
来年の日本での回顧展は、「戦場のメリークリスマス」の音楽を担当した坂本龍一さん、
共演した北野武さんが登場する、日本独自のコーナーもあるということで、
日本人だけじゃなくて、世界のファンも気になる展覧会になるのではないでしょうか?

  •      

2016.10.04

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»