2月11日O.A.「My Funny Valentine 」 Sarah Vaughan

今日ご紹介したのは、サラ・ヴォーンの「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」です。
 
この曲は、1937年にミュージカル「ベイブス・イン・アームス」のために作曲され、
のちに、チェット・ベイカー、フランク・シナトラ、そしてサラ・ヴォーンなどがカバーし、
ジャズのスタンダードとして、いまだに親しまれています。
    
この曲の「ヴァレンタイン」とは、ミュージカルの中での男性の名前ですが、
ヴァレンタインには「恋人、好きな人、特別な人」という意味があって、
いつしかバレンタインデーの定番ソングとしても定着しました。
            
「あなたのルックスは笑えるし、写真向きじゃないよね。
でもあなたは私の芸術作品」と歌い、、、最後には、「そんなあなたが大好き」
「私にとって毎日がバレンタインデー」と締めくくります。
                        
  •      

2016.02.11

«Prev || 1 || Next»