4月20日O.A.「色彩のブルース」EGO-WRAPPIN' 

今日ご紹介したのは、エゴ・ラッピン、2000年リリース、人気となるきっかけとなった
1曲、「色彩のブルース」です。

エゴ・ラッピンは1996年に大阪で結成されたユニット。
メンバーはボーカルの中納良恵(なかの・よしえ)さん、そしてギターの森雅樹(もり・まさき)さんの2人組で、昭和歌謡曲や、戦前のジャズから行き着いたキャバレー音楽などをベースに
独自のジャンルを開拓。懐かしいけど、新しいサウンドを奏でています。

そんなエゴ・ラッピン。今年は結成20周年。本日、オールタイムベスト&カヴァーアルバム
「ルート・トゥエンティ・ヒット・ザ・ロード」をリリース。代表曲の「くちばしにチェリー」や
色彩のブルース」をはじめ、2人の音楽のルーツとなった曲のカバーも収録されています。

来月からは全国ツアーもスタートするんですが、東京は初の日本武道館!
夏フェスへの出演も予定されています。
  •      

2016.04.20

«Prev || 1 || Next»