6月16日O.A.「スターゲイザー 」スピッツ

今日ご紹介するのは、スピッツの「スターゲイザー」です。
       
この曲は、2004年にリリースされたシングル曲で、当時の人気テレビ番組
「あいのり」の主題歌として大ヒットしました。
そんなスピッツですが、結成30周年記念シングル・コレクション・アルバムのリリースにともない
タワーレコードと組んだコラボカフェ「スピッツ・30th アニバーサリー・カフェ」が
渋谷店、梅田NU(ヌー)茶屋町店などで、23日から開催されます!
     
店内では、スピッツのデビュー当時から現在までのアーティスト写真パネルの展示や
ライブ映像の放映などが行われるほか、彼らの楽曲をイメージしたコラボメニューなども
提供される予定だということです!
スピッツの音楽に浸りながらのカフェタイム、、、いいですね!
  
  •      

2017.06.17

6月15日O.A.「AUTOMATIC」宇多田ヒカル 

今朝は、宇多田ヒカル、AUTOMATICです。

このAUTOMATICは、1998年の彼女のデビュー曲です。
もうすぐ、リリースして、20年になるんですね!!
1998年の12月にリリースされた、この曲、実は最初は、それほど売れなかったんですね。
テレビやCMのタイアップなく、プロモーションはラジオ出演のみでした。
しかし、曲を聴いたラジオのディレクターがこぞって絶賛、
各地のFMラジオ局が大プッシュしました。
これがキッカケで大ブレイク!
翌年の2月には売り上げ100万枚を突破。
ファーストアルバム「FIRST LOVE」も700万枚以上のセールスを記録しました。

その宇多田ヒカルさんが、レーベル移籍後初の新曲を、この夏に配信リリースすることが
発表されました。楽曲タイトル、リリース日などの詳細は、後日発表されるそうです。
  •      

2017.06.15

6月14日O.A.「ひまわりの約束」秦基博 

今朝は、秦基博、2014年、映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌として人気を集め、
ロングヒットとなりました。「ひまわりの約束」です。


秦基博さんは、 2006年11月にシングル「シンクロ」でデビュー。
デビュー10周年を記念して、本日、「オールタイムベスト・ハタモトヒロ」をリリースしました。
今回のベストアルバムは、シングルの発売順に選曲された2枚組の通常版もあるのですが、
「初回限定はじめまして盤」というのも用意されており、これまでにドラマや映画、CMなどで
タイアップされたシングル曲だけを集めた、全15曲のベストアルバムも用意されています。
秦基博さんファンの方はもちろん、これから初めて秦基博さんをチェックする人でも楽しめる
ベストアルバムとなりそうです。

  •      

2017.06.15

6月13日O.A.「ONLY YOU」 BOOWY

今朝は、BOOWY、「ONLY YOU」です。

今月2日に、彼らの地元、群馬県のJR高崎駅や、公式サイトに
突如「BOØWY 20170807 #BOOWY0807(ボウイ・20170807・シャープ・ボウイ0807)と言う
謎の広告が出現しました。

ファンの間では、「奇跡の一夜限りの再結成ライブ?」「東京ドーム公演?」など、
8月7日の予定を探る動きが起こっていましたが、ついに、この謎が解明されました。

彼らの公式サイトで1987年に行なった伝説のライブ<“GIGS” CASE OF BOØWY>の
全演奏曲目を収録したライブアルバムが、8月7日にリリースと発表されました!

“GIGS” CASE OF BOØWYとは、1987年7月31日の神戸ポートピア・ワールド記念ホールと
8月7日の横浜文化体育館で、BOØWYのレパートリーの楽曲を全て演奏するという
コンセプトのもと、2夜限定で行われた伝説のライブなんですね。
この模様を収録したライブアルバム、実は2007年にリリースされているんですが、
全ての楽曲が収録されたわけではなく、2公演を39曲に編集されたものでした。
それが、今回、初めて両日に演奏された全78曲を収録。
2日分のセットリストを新たにトラック・ダウン、リマスタリングが施されリリースされます。
再結成ではないですが、ファンにはたまらない、ニュースですね!
  •      

2017.06.13

6月12日O.A.「Stay With Me」Sam Smith

毎週、月曜日は、ブレイクするきっかけとなった曲や
デビュー曲にフォーカスする、「ノエビアSong of Life」!。

今日、紹介するのは、「サム・スミス」、「ステイ・ウィズ・ミー」です。
イギリス・ロンドン出身のシンガーソングライター、サム・スミス。
2014年にリリースした、デビューアルバム「イン・ザ・ロンリー・アワー」は、
全英アルバム・チャート初登場1位を獲得。
さらに、全米アルバム・チャートでは、初登場2位と大ヒットを記録。
全英チャート・トップ10に69週連続でランクインにしたことで、
ギネス世界記録にも認定されました。
      
また、このアルバムで、サム・スミスはグラミー賞の6つの部門にノミネートされ、
収録曲“ステイ・ウィズ・ミー”は年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞を受賞。
その他、最優秀新人賞、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞し、
4部門でグラミー賞に輝きました。
グラミー賞の6つの部門にノミネートされたというのは
男性アーティストとしては34年ぶりの快挙、
イギリスの男性アーティストとしては史上初めてのことでした。

2015年には映画「007(ダブルオーセブン)〜スペクター〜」の主題歌を担当し、
リリースされたシングル“ライティングズ・オン・ザ・ウォール”は
ボンド映画の主題歌としては史上初めて全英シングルチャート1位を獲得するなど
瞬く間にスターダムを駆け上ったサムスミス、
昨年のグラミー賞でパフォーマンスして以降、休養をしていましたが
先日、レコーディングをスタートしたことを自身のインスタグラムで発表しました。
数多くの記録をのこしたデビューアルバムから3年。
どんな新作がリリースされるのか、楽しみですね。
  •      

2017.06.13

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»