4月2日O.A.〜Music Maestro〜「The Loco-Motion」 Little Eva

毎月第一週目は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
今週は、今年なんとデビュー60周年。あのポールマッカートニーも憧れた
ソングライター、キャロル・キングのメロディーをご紹介します。
 
お届けした楽曲は Little Eva「The Loco-Motion」でした。
   
キャロル・キングは、1971年に『Tapestry』という名盤をリリースし、
女性シンガー・ソング・ライターとして大成功をおさめましたが、
ソングライターとしてのキャリアは、それ以前からその才能を発揮しました。
 
当時の旦那さんでもあった作詞家、ジェリー・ゴフィンとコンビを組んで、
数々のヒット曲を作っていますが、その代表的な1曲が「ロコモーション」です。
なんと、歌っているリトル・エヴァは、ゴフィン&キング夫妻の家で
ベビーシッターとして働いていた女性で、彼女が歌を歌えることを知った夫妻は、
この曲をレコーディング…1962年、いきなり全米NO.1ヒットとなりました!
 
その後、74年には、グランド・ファンク・レイルロード、
87年には、カイリー・ミノーグがカバーし、こちらも大ヒット。
世代を超えて愛されています。

「一緒にロコモーションを踊りましょ〜」と歌う楽しい1曲ですが、
当時、「ロコモーション」という踊りはなく…
この曲のヒットによって急いで振り付けを考えたというエピソードもあります。
 
今週は、デビュー60周年。
ソングライター、キャロル・キングのメロディー注目してお届けしていきます。
明日もゴフィン&キングの名曲からご紹介します!
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月2日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2018.04.02

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»