11月6日O.A.〜Music Maestro〜「Let’s Dance」David Bowie

この曲は、アルバム『レッツ・ダンス』からの先行シングルとして
リリースされ、本国イギリスをはじめ、アメリカ、カナダほか
ヨーロッパの国々でもチャートの1位を獲得。
デビッド・ボウイを代表する1曲となりました。
 
お届けした楽曲は David Bowie「Let’s Dance」
 
今週は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
音を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、世界的なギタリストであり名プロデューサー、
そして自身もバンド活動を行うスーパー・ミュージシャン、ナイル・ロジャースです。
  
1983年にリリースとなったデビッド・ボウイのアルバム『レッツ・ダンス』は、
デビッド・ボウイ自身と、ナイル・ロジャースの共同プロデュース。
ナイル・ロジャーズが得意とするダンサブルな曲で構成されたこのアルバムは、
大ヒットを記録し、カルト的存在だったデビッド・ボウイが
「世界のボウイ」になった1枚です。
       
当時、ナイル・ロジャースがもつ、ダンサブルでコマーシャルなものと
デビッド・ボウイの世界観の違いに違和感があったと話す
ナイル・ロジャースですが、
「その違和感や矛盾こそがデビッド・ボウイのアートで
すごく面白いことなんだ」と気付かされたそうです。
     
「踊ろう!」と歌うわりにはテンポが遅かったり、
デビッド・ボウイの決してキャッチーとは言えない歌い方だったり、
そして何よりも、ナイル・ロジャースが産み出したレトロモダンなサウンドが、
この曲をアートに導いたと言えるのではないでしょうか。
 
 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

11月6日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2018.11.06

«Prev || 1 || Next»