4月17日O.A.〜Master Piece〜「Movin’ Out (Anthony’s Song)」Billy Joel

毎月第三週目は「SONG OF LIFE〜Master Piece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップ、
その曲に込められた想いやストーリーを紐解いていきます。
今月は、ビリー・ジョエルのアルバム『ストレンジャー』を特集します!
 
お届けした楽曲は Billy Joel「Movin’ Out (Anthony’s Song)」でした。

アルバム『ストレンジャー』は、ビリー・ジョエルの代表作となった1枚ですが、
その立役者のひとりが、名プロデューサー・フィル・ラモーンです。
フィル・ラモーンは、音楽プロデューサーやレコーディングエンジニアとして
ポール・サイモン、ボブ・ディラン、フランク・シナトラ、
ジョージ・マイケルなどなど数々のビッグアーティストと仕事をしてきた人物で
この作品をきっかけに、ビリー・ジョエルとタッグを組んで、
たくさんのヒット曲を生み出しています。
  
「ムービン・アウト」は、都会で出世を目指してがんばる息子に、
体を壊すくらいなら、いっそ田舎で暮らしなさいとアドバイスする曲。
ビリー・ジョエルの曲には、こういったストーリー仕立ての曲が多いのも  
特徴のひとつです。共感した若者も多かったのではないでしょうか。
 
2002年には、そんな「ムービン・アウト」の内容にインスパイヤーされた
ブロードウェイ・ミュージカル「ムービン・アウト」が上演。
60年代から80年代にかけて、5人の親友が経験する波乱万丈の人生を描き、
非常に高い評価を受けました。
 
今週は、ビリー・ジョエルのアルバム『ストレンジャー』をピックアップ。
明日は、日本で大ヒットしたタイトルチューンをご紹介します!
 
--------------------------------------------------------------------------------

過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月17日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2018.04.17

«Prev || 1 || Next»