4月20日O.A.〜Master Piece〜「Only The Good Die Young」Billy Joel

毎月第三週目は「SONG OF LIFE〜Master Piece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップ、
その曲に込められた想いやストーリーを紐解いていきます。
今月は、ビリー・ジョエルのアルバム『ストレンジャー』を特集します!
 
お届けした楽曲は Billy Joel「Only The Good Die Young」でした。

出世作となったアルバム『ストレンジャー』は、
ビリー・ジョエルが何度も何度も聴いていた
ポール・サイモンのレコードを手がけたプロデューサー、フィル・ラモーンと
初めてタッグを組んだ作品で、それまでミュージシャンに恵まれなかった彼に、
一流のミュージシャンを揃え、様々なアイデアを提供。作品としての完成度もとても高い1枚です。  
 
この曲「オンリー・ザ・グッド・ダイ・ヤング」は、
聖者と一緒に涙を流すよりも、罪人と一緒に笑いたいという、
ビリー・ジョエルらしいユーモアがたっぷりと表現されたロックンロールナンバーです。
 
この曲は、宗教的理由により、アメリカの多くのラジオ局では
放送禁止になったというエピソードもあります!
 
「善人のみが若くして死ぬ」という意味のタイトルも凄いインパクトですよね。
ちなみに、2008年に行われた東京ドーム公演で、
名曲「ピアノマン」とともに、アンコールでこの曲が歌われました。
 
来週は、ハーモニカサウンドに注目します!
 
--------------------------------------------------------------------------------

過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月20日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2018.04.20

«Prev || 1 || Next»