4月25日O.A.〜Lyrical Melody〜「Blowin’ In The Wind」Bob Dylan

毎月第四週目は「SONG OF LIFE〜Lyrical Melody〜」。
こだわりの演奏や楽器、アイデア、美しいメロディーに注目。今月は、ハーモニカが印象的なサウンドを特集します!
  
お届けした楽曲は Bob Dylan「Blowin’ In The Wind」でした。

ボブ・ディランは、アメリカを代表するシンガー・ソング・ライターで最近のニュースとしては、なんといっても、歌手として初めて、ノーベル文学賞を受賞した巨匠のひとりです。
 
「ブローウィン・イン・ザ・ウィンド(風に吹かれて)」は、1963年の作品。ピーター・ポール&マリーがカバーして世界的にヒットし、ボブ・ディランを一躍有名にしました。
 
ボブ・ディランは、「この歌について、あまり言えることはないけど、ただ答えは風の中で吹かれているということ。本や映画、テレビの討論会をみても答えはわからない。」とコメント。アメリカでは公民権運動や、ベトナム戦争の反戦歌として若者達を中心に人気を集める中、「I have a dream」で有名なキング牧師の演説の後にも歌われたりと、いわば公民権運動のシンボルとも呼ばれていました。
 
黒人にルーツを持つ音楽ではなく、白人の作ったフォークミュージックが公民権運動を牽引したんですね。
ハーモニカの持つ、独特の切なくも力強いサウンドが、この曲のメッセージ性をより高めていますね。
  
そしてボブ・ディランは今年、7月に苗場スキー場で開催される「フジロック・フェスティバル」への出演が決定!初来日から40周年となる記念ステージでもあります。
 
明日は、日本の男性デュオ、ゆずの1曲です。
 



過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

4月25日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2018.04.25

«Prev || 1 || Next»