8月16日O.A.〜Master Piece〜「Caroline No」The Beach Boys

「キャロライン・ノー」は、アルバム『ペット・サウンズ』のリリース前に、
ブライアン・ウィルソンのソロ名義でリリースとなったシングル曲です。
 
毎月3週目は「SONG OF LIFE〜Master Piece」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今月は、ビーチ・ボーイズの名盤『ペット・サウンズ』を特集します。
      
アルバム『ペット・サウンズ』がリリースされた1966年ごろは、
ビートルズ全盛の頃。
ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンは、ビートルズのアルバム
『ラバーソウル』に衝撃を受けて、この『ペット・サウンズ』を完成させ、
ビートルズは、『ペット・サウンズ』に衝撃を受けて
『サージェント・ペッパー・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を
作ったと言われています。素敵なエピソードですね!

ちなみに、ブライアン・ウィルソンは当時、23歳だったにも関わらず、
この哀愁や喪失感のある歌とサウンドは、ベテラン顔負けの美しさです。

またこの曲は、もともと作詞家トニー・アッシャーが「キャロル・アイ・ノウ」
というタイトルを付けていたんですが、このタイトルを口頭で聞いた
ブライアンが「キャロライン・ノー」だと勘違いし、
その響きの方がいいということになったというエピソードも有名です。

   

過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月16日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2018.08.16

«Prev || 1 || Next»