8月17日O.A.〜Master Piece〜「I Just Wasn’t Made For These Times」The Beach Boys

この曲は、男が成長する中で、周りの人たちとうまく付き合えず、
最終的に自分から人々ももとを離れてしまうという内容の曲で、
アルバム『ペット・サウンズ』を象徴するようなブライアン・ウィルソンの
心境と重ね合わせることができます。
 
毎月3週目は「SONG OF LIFE〜Master Piece」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今月は、ビーチ・ボーイズの名盤『ペット・サウンズ』を特集します。
      
アルバム『ペット・サウンズ』は、ポップミュージックが世界で最も称賛されるべき
アート・フォームであることを再認識させる作品として非常に高い評価を受ける
とともに、実質、ブライアン・ウィルソンのソロ作品的アルバムとして、
50年以上たったいまでも愛され続けている1枚です。
 
「アイ・ジャスト・ワズント・メイド・フォー・ディーズ・タイムス」は、
リードボーカルはもちろん、コーラスワークでも自分の声を多用しているのも
特徴のひとつで、さらに、ロックではあまり使用されることがなかった
テルミンという電子楽器をブライアンが初めて使用した曲でもあります!

   

過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月17日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2018.08.17

«Prev || 1 || Next»