9月17日O.A.〜Master Piece〜「Sir Duke」Stevie Wonder

この曲は、1974年にこの世を去った偉大なジャズマン、
デューク・エリントンに捧げた1曲です。
 
毎月3週目は「SONG OF LIFE〜Master Piece」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今月は、スティービー・ワンダーの名盤『キー・オブ・ライフ』を特集します。
      
アルバム『キー・オブ・ライフ』は1976年にリリースされた
18枚目のオリジナルアルバム。
このアルバムは当時のLPレコード2枚組でもおさまりきれず、
シングル盤にも4曲を収録しリリースされた超大作です。
全米アルバムチャートで13週連続1位になったほか、翌年のグラミー賞では
4部門を受賞した、まさに歴史的名盤のひとつです。
 
スティーヴィー・ワンダーは自身が尊敬するアーティストとして、

以前から、デューク・エリントンとナット・キング・コールの名前を挙げていて、

この曲をリリースする前、1975年のグラミー賞授賞式では、
最優秀アルバム賞受賞後のスピーチで、「この賞を昨年亡くなった
デューク・エリントンに捧げます。」と発言しています。
 
「サー・デューク」の歌詞には、デューク・エリントンをはじめ、
ルイ・アームストロングやグレン・ミラーなど偉大なミュージシャンが
登場しますが、音楽の歴史を語る上でこのスティービー・ワンダーも
欠かせない人物のひとりです。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月17日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2018.09.17

«Prev || 1 || Next»