9月18日O.A.〜Master Piece〜「Isn’t She Lovely 」Stevie Wonder

この曲は、スティービー・ワンダー自身の娘、
アイシャの誕生祝いとして書いた1曲です。
ちなみに、これほど有名な曲ですが、実はシングルカットはされていません。
 
毎月3週目は「SONG OF LIFE〜Master Piece」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今月は、スティービー・ワンダーの名盤『キー・オブ・ライフ』を特集します。
      
アルバム『キー・オブ・ライフ』は1976年の作品。
LP2枚+シングル盤で、トータル21曲が収録されたこの超大作は、
アメリカだけでも1000万枚を超えるセールスを記録。
それまで、ほとんどの楽器をひとりで演奏し、
多くても20人程度のミュージシャンたちで作られてきたアルバムに対し、
このアルバムは、総勢120人を超えるミュージシャンたちが参加しています!
 
この「イズント・シー・ラブリー」は、     
「彼女が生まれてまだ1分と経っていないのに、
なんて可愛らしいのだろう・・・なんて素晴らしいんだろう・・・
なんて愛しいんだろう」と歌います。
 
イントロの部分に使われている「鳴き声」は、そのアイシャのものだと、
のちにスティービー本人が語っています。
愛溢れるハーモニカのメロディーもとても印象的ですね!



過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月18日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2018.09.18

«Prev || 1 || Next»