9月21日O.A.〜Master Piece〜「As」Stevie Wonder

この「As」の邦題は「永遠の誓い」。
「君は安心していいよ。僕はずっと君を愛するから」というフレーズではじまり、
虹が空の星を燃やし尽くすまで……
母なる大地が仕事終了を宣言するまで……
それ以上、日が無くなるまで……
などなど、言い換えれば、「永遠に」というメッセージになっています。
 
毎月3週目は「SONG OF LIFE〜Master Piece」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今月は、スティービー・ワンダーの名盤『キー・オブ・ライフ』を特集します。
      
アルバム『キー・オブ・ライフ』は、
1977年にアメリカで2番目に売れたアルバムで、
全米アルバムチャートの年間チャートではR&B・ソウル部門で1位、
イギリスのアルバムチャートでも2位を記録した名盤です。
    
スティービー・ワンダー自身、「人生のすべてを表現したい」という
コンセプトのもと、それまでに最も長い制作期間を経て完成させた意欲作です。
      
「As」は、ジャズ界のスーパースター、ハービー・ハンコックが
キーボードで参加。フェンダー・ローズ独特のサウンドで、
素晴らしい存在感を放っています。
さらに注目すべきは、スティービー・ワンダーの歌で、
優しい入口から徐々にパワーアップし、終盤ではコーラスとともに
壮大なセッションを楽しむことができます。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月21日(金)OA分の放送はこちら
  •      

2018.09.21

«Prev || 1 || Next»