10月3日O.A.〜Music Maestro〜「I’ll Be There」Jackson 5

この曲は、1970年にリリースしたシングルで、
全米チャートの1位を獲得。踊れる楽しい楽曲だけでなく
こういったラブバラードもモータウンの特長のひとつです。

お届けした楽曲は、ジャクソン・ファイブ「I’ll Be There」

今週は「Song Of Life〜Music Maestro〜」
音楽を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、今年創立60周年で盛り上がるソウルミュージックの金字塔、
モータウン・レコーズを特集します。
      
ジャクソン・ファイブは、ジャクソン・ファミリーの兄弟で
構成されたグループで、あのマイケル・ジャクソンが在籍していた
ことでも有名です。デビューからいきなりヒットを量産し、
瞬く間にトップスターの仲間入りを果たしました。

「I’ll Be There」のメイン・ボーカルは、マイケル・ジャクソン。
「とてもスピリチュアルな曲」とマイケル自身が語るように、
宗教的な言葉が多く使われたラブソング。
マイケルがソロになってからもこの「I’ll Be There」という言葉は
よく使われていて、彼の音楽の原点のひとつと言えるかもしれません。


そしてここでお知らせです。
『ノエビア Song of Life』では、
来週、10月7日から1週間、リクエスト企画を実施します!

スポーツの秋、ランニングをしながら聞きたいJ-POPの名曲
をオンエアします。
あなたがランニングしながら聴いている1曲、聴きたい1曲を
ぜひその理由とともにソング・オブ・ライフの
メッセージフォームからリクエストしてください。

運動のあとは、乾燥を防ぐダメージケアも忘れずに。
メッセージが紹介された方には、本格スキンケアを手軽に試せる
ノエビア 99プラス トライアルセット・リッチ」をプレゼントします!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月3日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2019.10.03

10月2日O.A.〜Music Maestro〜「What’s Going On」Marvin Gaye

この曲は、1971年にリリースしたシングルで、
反戦のメッセージを含んだ名曲として、たくさんのアーティストに
カバーされ、いまだ愛され続けています。

お届けした楽曲は、マービン・ゲイ「What’s Going On」

今週は「Song Of Life〜Music Maestro〜」
音楽を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、今年創立60周年で盛り上がるソウルミュージックの金字塔、
モータウン・レコーズを特集します。
    
マービン・ゲイは、スティービー・ワンダーとともに
モータウン・レコーズを代表するシンガーのひとり。
組織的にヒット曲を生み出してきたモータウン・レコーズの中で、
自分自身で作り上げるセルフ・プロデュースを確立しました。

「What’s Going On」は、ベトナム戦争から戻ってきた
弟からの手紙で戦場の悲惨な状況を知り、そのことに触発されて、
モータウンの作曲家、そしてフォートップスのメンバーらとともに
作り上げた1曲。

モータウンの社長だったベリー・ゴーディー・ジュニアはこの曲を
嫌い、リリースを拒否したというエピソードもありますが、
結果、大ヒットを記録。時代をとらえたアーティストの感性が
成功へと導き、モータウン・レコーズのブランド力は、さらに
磨きをかけられていきました。


そしてここでお知らせです。
『ノエビア Song of Life』では、
来週、10月7日から1週間、リクエスト企画を実施します!

スポーツの秋、ランニングをしながら聞きたいJ-POPの名曲
をオンエアします。
あなたがランニングしながら聴いている1曲、聴きたい1曲を
ぜひその理由とともにソング・オブ・ライフの
メッセージフォームからリクエストしてください。

運動のあとは、乾燥を防ぐダメージケアも忘れずに。
メッセージが紹介された方には、本格スキンケアを手軽に試せる
ノエビア 99プラス トライアルセット・リッチ」をプレゼントします!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月2日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.10.02

10月1日O.A.〜Music Maestro〜「You Can’t Hurry Love」The Supremes

この曲は、1966年の名盤『シュープリームス・ア・ゴーゴー』
からのシングルで、全米チャート1位を獲得。
のちにフィル・コリンズがカバーして再ヒットするなど
いまだ愛されている名曲です。

お届けした楽曲は、ザ・シュープリームス「You Can’t Hurry Love」

今週は「Song Of Life〜Music Maestro〜」
音楽を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、今年創立60周年で盛り上がるソウルミュージックの金字塔、
モータウン・レコーズを特集します。
    
シュープリームスは、あのダイアナ・ロスが在籍した女性3人の
ボーカルグループ。モータウン・レコーズは、ソロだけでなく、
こういった3人組のスタイルも確立。
実力がありつつも、よりアイドルチックに見せることによって
爆発的な人気を得ることに成功しました。

「You Can’t Hurry Love」は、モータウン・レコーズの
ヒットメイカー・チーム
「ホーランド=ドジャー=ホーランド」の作品。
ポップでタンバリンのアクセントがきいた踊れるサウンドは、
モータウン・サウンドの代表格として定着しました。


そしてここでお知らせです。
『ノエビア Song of Life』では、
来週、10月7日から1週間、リクエスト企画を実施します!

スポーツの秋、ランニングをしながら聞きたいJ-POPの名曲
をオンエアします。
あなたがランニングしながら聴いている1曲、聴きたい1曲を
ぜひその理由とともにソング・オブ・ライフの
メッセージフォームからリクエストしてください。

運動のあとは、乾燥を防ぐダメージケアも忘れずに。
メッセージが紹介された方には、本格スキンケアを手軽に試せる
ノエビア 99プラス トライアルセット・リッチ」をプレゼントします!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月1日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2019.10.01

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»