6月17日O.A.〜Master Piece〜「Come Together」The Beatles

この曲「Come Together」は、ジョン・レノンがリードボーカル。
オーケストラの導入を嫌ったジョンが、バンドサウンドにこだわり、
よりソリッドなロックサウンドに仕上げた1曲です!

お届けした楽曲は、ビートルズ「Come Together」

今週は、「SONG OF LIFE〜Masterpiece〜」。
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、今年リリースから50年を迎えるビートルズの名盤『アビイ・ロード』を特集します!

このアルバムは、ビートルズの最後のアルバム
『レットイットビー』のもととなったセッションよりも
後にレコーディングされているため、実質的なラストアルバムとも言われています。

納得のいく仕上がりにならなかったというそのセッションのあと、
精神的にバラバラな状態になりかけていた中、
ポール・マッカートニーがメンバーと、彼らをスターへと導いた
プロデューサーのジョージ・マーティンに声をかけ
再びレコーディングしたのがこの『アビイ・ロード』でした。
演奏技術やアイデア、レコーディング方法などを結集した
この作品は、「最高傑作」とまで言われています。
    
この曲「Come Together」はもともと、ヒッピーの教祖とも言われるティモシー・リアリーに
「選挙のキャンペーンソング」を作ってほしいと依頼されたものだったそうですが、
その話は中止となり、結果的にアルバムを代表する1曲となりました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

6月17日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2019.06.17

«Prev || 1 || Next»