8月21日O.A.〜Master Piece〜「We’re All Alone」Boz Scaggs

スタイリッシュなアルバムジャケットのイメージにもぴったりな
楽曲「We’re All Alone」。
シングルカットされたのはもちろん、フランキー・ヴァリや
リタ・クーリッジなど大御所のミュージシャンがカバーしたことで
一躍有名になりました。

お届けした楽曲は、ボス・スキャッグス「We’re All Alone」

今週は「Song Of Life〜Master Piece〜」
歴史的名盤となった「アルバム」をピックアップしています。
今回は、1976年にリリースされたAORの名盤、
ボズ・スキャッグスのアルバム『シルク・ディグリース』を特集します!

AOR(アダルト・オリエント・ロック)の名盤として
いまだ人気のあるこのアルバムは、写真家のモシャ・ブラカが
撮影したスタイリッシュなジャケットも有名。
海をバックにしたベンチに座るボズに、歩み寄る女性の手だけが
写っているなんともセクシーでアダルトな1枚です。
その頃の時代の高揚感のような独特の雰囲気を感じます。

「We’re All Alone」の歌詞には、
「岸辺で涙を流すのはもうやめて。
夢が僕らを海へといざなってくれるから」とあります。
    
ボズ自身は「この曲のタイトルを個人的な話と普遍的なテーマを
両立させるものとしたが、両者の意味が同時に成立するような
歌詞にするのに苦労した」と語っていて、聴く人の解釈で
いろんな意味が詰まっているのも名曲と呼ばれる証となっています。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月21日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2019.08.21

«Prev || 1 || Next»