8月5日O.A.〜Music Maestro〜「Chiga De Saudade (想いあふれて)」Joao Gilberto

1958年に録音され、ジョアン・ジルベルトが
歌と演奏をし、アントニオ・カルロス・ジョビンが作曲した曲、
「シェガ・ジ・サウダージ、想いあふれて」は、ボサノヴァの始まりと言われています。

お届けした楽曲は、ジョアン・ジルベルト「Chiga De Saudade (想いあふれて)」

今週は「Song Of Life〜Music Maestro〜」
音楽を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、先月、7月6日に亡くなった、ボサノヴァの神様こと、
ジョアン・ジルベルトです。
    
ボサノヴァの創始者と言われ、ボサノヴァの神とも称された
伝説のシンガー、ギタリスト、ジョアン・ジルベルトが
先月、リオ・デ・ジャネイロの自宅で死去。88歳でした。

一般的に、1950年代後半、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロの
海岸地区に住む、学生やミュージシャンたちによって生み出されたと
いわれているボサノヴァ。
ボサノヴァは「新しい感覚」という意味で、サンバのテンポを落とし、
ジャズと融合させたような新しい音楽として生まれました。

「シェガ・ジ・サウダージ、想いあふれて」は、曲の素晴らしさはもちろんですが、
まだ20代だったにもかかわらず、ジョアン・ジルベルトの
歌唱力と演奏力、そしてアレンジ力は、もうすでに完成されていて、
のちのブラジル音楽に大きな影響を与えました。


そして、来週の「Song of Life」は、
夏休み企画「大切な人へ伝えたい、名曲リクエスト」を実施します! 

大切な人に教えたい、贈りたい1曲を、
具体的に誰に贈りたいのか、その理由とともに
「Song of Life」のメッセージフォームからリクエストしてください。
素敵なプレゼントもご用意しています。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

8月5日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2019.08.05

«Prev || 1 || Next»