9月15日O.A.〜J-POP Memories〜「くだらないの中に」星野源

この曲は、2011年にリリースされたシングルで、
ソロ名義では、初めてのシングルとなった1曲です。

お届けした楽曲は、星野源「くだらないの中に」

今週は「Song Of Life〜J-POP Memories〜」
秋の入口にもぴったりな、アコースティックギターを弾きながら
歌う男性シンガーソングライターの名曲を特集します!

もともとご両親がジャズが大好きということもあって、幼少の頃か
ジャズの影響を受けてきたという星野源さんは、とにかくギターの
コードの響きを大切にするシンガーソングライターのひとり。  
とても複雑なコードをセンスよく合わせることで、より洗練された  
ギターサウンドを聴かせてくれます。この曲はまさにその代表とも言えるかもしれません。

この曲について星野源さんは、「ラブソングを初めて書きたいなと思って。
『愛してる』って言葉が苦手というのもあって、
『愛してる』という言葉を使わずに愛っていうものを表現できたらいいなというのと、
人間が持つ“やさしい変態性”みたいなものを真面目に歌いたいなという思いで作った」と話しています。
サウンド、メッセージともに、音楽偏差値の高い素晴らしい名曲です。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

9月15日(火)OA分の放送はこちら
  •      

2020.09.15

«Prev || 1 || Next»