8月28日O.A.「少年時代」井上陽水

ノエビア SONG OF LIFE!
今朝は1991年のヒット、井上陽水「少年時代」お送りしました。

井上陽水さんは、この夏、FUJI ROCK FESTIVAL、ap BANKフェスに出演、
苗場、そして、みちのくの夏の空にこの「少年時代」が響き渡りました。

さて、この曲は1990年の9月にリリースされたんですが、
翌年の91年にCMに使われたことで、最高4位を記録するヒットになりました。
その後もロングヒットとなり97年にミリオンセラーに認定されています。

冒頭の歌詞は、「夏が過ぎ 風あざみ」とありますが、
実はこの「風あざみ」という言葉は陽水さんの造語です。
ちなみに、「夏祭り 宵かがみ」の「宵かがみ」も陽水さんの造語。
「風あざみ」「宵かがみ」、、、、
実際には意味のない言葉なのに、陽水さんのメロディーにのると、そのニュアンスや、
情景が浮かぶから不思議ですね。

まさに時代を越えた、いつまでたっても色あせない名曲です。
夏の終わりに聴きたい名曲です。
  •      

2012.08.28

8月27日O.A.「I'm Every Woman」Whitney Houston 

このコーナーでは、お出かけ前の朝のひと時を彩る一曲をご紹介していきます。
今朝お送りした曲は、「ホイットニー ヒューストン」、1993年にリリースされた
「アイム エヴリ ウーマン」。


この曲は、「チャカ・カーン」の代表曲をリバイバル。
映画「ボディーガード」のサウンドトラックに収録されました。
もともと、チャカ・カーンのバックコーラスを努めていたホイットニーヒューストン、
オリジナル曲より、成功を収めました。

現在、アメリカでは、ホイットニーヒューストン最後の出演作となった映画「スパークル」が
公開され、人気を呼んでいます。
この映画は、モータウンの女性コーラス・グループ「シュープリームス」から
物語のヒントを得た1976年の映画「スパークル」のリメイク版。
主演は、アメリカの人気オーディション番組「アメリカンアイドル」で、
わずか17歳で優勝した「ジョーダン スパークス」。
日本での公開は未定ですが、9月5日にサウンドトラック国内盤がリリースされます。

ホイットニーの最後のレコーディング曲「セレブレート」が収録されていて、
主演のジョーダン・スパークスとのデュエット曲となっています。
「チャカ・カーン」から「ホイットニー・ヒューストン」、
そして、「ジョーダン・スパークス」と歌姫の“魂”は確実に受け継がれています。
     
      
  •      

2012.08.27

8月24日O.A.「ナツノハナ」JUJU

今年は日本人女性としては初めて、MTVアンプラグド・ニューヨーク公演を行ない、
10月10日(ジュジュの日)の武道館公演は即日SOLD OUT!のジュジュ。
2007年の夏にリリースした、4作目「ナツノハナ」でした。
彼女は前の年に「奇跡を望むなら」が大ヒット!
この歌は、夏に咲いて散った恋を、花にたとえて歌っています。

高校野球も終わり、暦の上では昨日は処暑、、にもかかわらず
厳しい残暑が続いています。
暑さの中、いま旬を迎えているのが「サルスベリ」。ピンクや白の花が
あなたの街でも、どこかで咲いているのでは・・・??
漢字で〔100日紅い〕・・・という「百日紅(ひゃくじつこう)」と書きますが、その名前の通り、
花の時期が長いのが特徴で、一度咲いたら100日近く、私たちの目を楽しませてくれます。
でも本当は長く咲きっぱなしな訳ではなく、同じ枝先にまた新しい芽をつけて花が咲くので、
ずっと咲いているように見えるんだそう・・・。

明治の俳人・高浜虚子は、「炎天の 地上花あり 百日紅」と詠んでいますが、
どんな猛暑にも負けず、きれいに咲く「サルスベリ」の花の「強さ」と「美しさ」を見習って、
自分の「新しい芽」を大事にしたいですね。
この花のように残暑をたくましく、華麗に乗り切りましょう。
  •      

2012.08.24

8月23日O.A.「出逢った頃のように」Every Little Thing

今朝の1曲は、エヴリ・リトル・シングの5枚目のシングル、
「出逢った頃のように」。

この「出逢った頃のように」がリリースされたのは、今から15年前の1997年の8月。
ヒットチャートでは最高3位を記録し、ELTの夏の代表曲となりました。
女性なら、1回は歌った事、あるのではないでしょうか?

そんなエヴリ・リトル・シングも、今年でデビュー15周年を迎えます。
今週末に行われる、「a-nation stadium fes.」に出演。
どんなステージを見せてくれるか、楽しみですね。

さて、エヴリ・リトル・シングが世に生まれた1997年、
スポーツ界では、「最年少フィーバー」が起こっています。

まず、女子テニスのマルチナ・ヒンギス選手が、
1月の全豪オープンテニスで「16歳3ヶ月」の史上最年少優勝、
3月31日に最年少世界ランキング1位という記録を打ち立てました。

また、男子ゴルフでは、タイガー・ウッズ選手が、
4月のマスターズ・ゴルフで「21歳3ヶ月」の最年少優勝を成し遂げ、
両選手が「最年少フィーバー」を沸き起こしました。


そして、最年少優勝と言えば、今週アメリカ女子ゴルフツアーで初優勝した宮里美香選手。
彼女も若いうちから注目を集めたプレイヤーです。
2004年に日本女子アマチュア選手権で史上最年少の優勝を果たしたのは14歳。
その後2006年、07年と日本ジュニアで3度優勝し、高校2年の2006年には、世界ジュニアを制しています。高校卒業後に渡米して、2009年からツアー参戦。今回の優勝は 宮里藍さんの24歳1カ月を抜き、日本人最年少です。日本でのプロ経験なく、いきなりアメリカのツアーに飛び込んだことで苦労に苦労を重ねてつかんだ22歳での初優勝。

オリンピックのメダリスト達の凱旋が続いていますが、彼女もメダリストに匹敵する
感動を与えてくれました。
  •      

2012.08.23

8月22日O.A. 「The Perfect Vision」 MINMI

今朝はリクエストいただいたこの曲。
「The Perfect Vision」 MINMI
神奈川県 ワルツさんからです。

「私が中1の頃、おかんに頼んで買ってもらったCDがこの曲。
音楽番組のランキングで聴いて、衝撃を受けたの覚えてます。

今聴いてもやっぱりかっこいい!
夏になると聞きたくなる1曲です^^」


『The Perfect Vision』はちょうど10年前の夏、2002年の8月にリリースされたMINMIさんのデビューシングルですね。当時、売り上げ50万枚を記録!
湘南乃風の若旦那さんと結婚され、
現在3人のお子さんを育てつつ、母親になった目線で音楽活動を続けています。
ミンミさんは作詞、作曲、アレンジから、プロデュースまですべてをこなすアーティストですが
お母さんになってさらに表現力豊かになっている気がしますね。
仕事と子育てを両立させる、女性にとっては憧れの存在です!

そして今日、デビュー10周年を記念する、ベストアルバム
『MINMI BEST 雨のち虹 2002-2012』をリリース!
このあとは恒例の夏の野外ライブ、
年末には10周年のライブツアーが決まっている、ということで、
アニバーサルイヤー、目が離せません!
  •      

2012.08.22

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 379 | 380 | 381 |...| 399 | 400 | 401 || Next»