7月2日O.A.〜Music Maestro〜「innocent world」Mr.Children

この曲は1994年の作品。
Mr.Childrenの名を知らしめた代表曲のひとつで、
発売から2ヶ月足らずでミリオンセラーを記録しました。
 
お届けした楽曲は Mr.Children「innocent world」でした。
   
毎月1週目は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
今週は、日本のヒットメイカーのひとり、小林武史さんに注目します。
  
キーボードプレイヤー、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、アレンジャーなど
幅広い活躍で、日本の音楽シーンをリードしている小林武史さんは、
井上陽水、坂本龍一、大貫妙子など大御所ミュージシャンのサポートを経て
サザンオールスターズの楽曲などにも参加。
 
その知名度をあげたのち、このMr.Childrenをメジャーデビューの時から
プロデュースしました。
 
「イノセント・ワールド」は、もともと飲料水のCMのために
制作されたもので、桜井和寿さんがそれに合わせて歌詞を考えていたところ、
「そういう大事なタイアップがあったとしても、もっとボーカリストとして、
そして、桜井和寿としての思いを詰め込むべき」だとアドバイス。
 
さらに楽曲を聴いた時からその手応えがあったという小林武史さんは、
もともとタイトルだった「イノセント・ブルー」を「イノセント・ワールド」にすることを提案。
結果、大ヒットへと繋がることになりました。
その後も、このコンビは数々の名曲を生み出していますよね!


 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月2日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2018.07.02