7月4日O.A.〜Music Maestro〜「涙のキッス」サザンオールスターズ

小林武史さんは、桑田佳祐さんのソロ作品にアレンジやプロデュースなどで
参加したのをきっかけに、サザンオールスターズの楽曲にも関わるようになり、
映画『稲村ジェーン』では音楽監督も務めました。
 
お届けした楽曲は サザンオールスターズ「涙のキッス」でした。
   
毎月1週目は「SONG OF LIFE〜Music Maestro〜」。
今週は、日本のヒットメイカーのひとり、小林武史さんに注目します。
 
そして1992年にリリースしたシングルが「涙のキッス」。
この曲でも小林武史さんが、アレンジとプロデュース、そして演奏でも参加。
累計160万枚近いセールスを記録し、サザンオールスターズのシングルで
はじめてミリオンセラーを達成した大ヒット曲となりました。

「涙のキッス」は、冬彦さんでおなじみのドラマ『ずっとあなたが好きだった』
のために書き下ろされた1曲で、とても印象的なイントロは、
小林武史さんらしいアレンジでいつまでも耳に残りますよね。
当時、桑田さんに「あいつがいないとレコーディングにならない」とまで
言わせたほどだったそうです。


 
過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

7月4日(水)OA分の放送はこちら
  •      

2018.07.04