10月31日O.A.「You Still Believe In Me」The Beach Boys

今週はスペシャル・エディション!
いま話題の一冊『教養としてのロック名盤ベスト100』の著者、川崎大助さんが選ぶ、
「秋に似合うロックの名曲5選」をお送りします!

お届けした楽曲は ザ・ビーチ・ボーイズ「You Still Believe In Me」



【川崎大助さんのコメント】

ザ・ビーチ・ボーイズ、「You Still Believe In Me」。
これはですね、日本のタイトル邦題は「僕を信じて」というタイトルでして
ちょっと原題と意味が違うんですけれども、
原題だと「あなたはまだずっと僕のことを信じているよ」という感じなんですけれども、
これはですね、『ペットサウンズ』という大変、大変、大変な名盤に収録されています。
1966年に発表されたアルバムで、で、これはもうビーチボーイズが秋に入ったぞという、そういう感じのアルバムで、
もともとビーチボーイズは、皆さんもご存じの通り、サーフィンとかホットロッドのイメージで夏を歌ったナンバーも多いし、
カリフォルニアだ、夏だ、ビーチだっていうバンドだったんですけども、
ここでがらっと変わって、ブライアン・ウィルソン率いる非常に面白い集団に変貌していくというか、
まあ、これはほとんどブライアン・ウィルソンひとりで作ったんですけども、
ロックが違う芸術に飛躍していく足掛かりになったのは、この秋っぽさだったんじゃないかと。
アルバムジャケットでもみんなピーコートを着ていたりして秋っぽい感じで
ただこれは2月にサンディエゴの動物園で撮影したものなんですが、
まあ、カリフォルニアなのでこれでもじゅうぶん寒かったとは思うんですけども、
そういうところで秋に聴くのにぴったりな、ビーチボーイズの中でもまずはこれだろうというのが『ペットサウンズ』です。
これはですね、僕が書いた「教養としてのロック名盤ベスト100」のなんと4位!
非常に高位に入っています。ロックファンという人は一度は聴かなければいけないアルバムなんじゃないかと思います。




名盤『ペットサウンズ』は、この時期に聴くのがおすすめなんですね!


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

10月31日(木)OA分の放送はこちら
  •      

2019.10.31