11月4日O.A.〜Music Maestro〜「End Of The Road」Boyz Men

この曲は、1992年にリリース。
エディー・マーフィー主演の映画『ブーメラン』の
サウンドトラックのために書き下ろされた1曲でした。

お届けした楽曲は Boyz Men「End Of The Road」

今週は「Song Of Life〜Music Maestro〜」
音楽を仕事にする職人をピックアップしていますが、
今回は、この季節にも心地いいラブソングの名手、
ベビーフェイスの世界に迫ります。
    
90年代の中心だったR&Bサウンドの中で、
とにかくヒット曲を量産していたのが、このベビーフェイスと
L.A.リードのコンビでした。

この曲は、もともとはベビーフェイス自身が歌うために
作られた曲でしたがL.A.リードのアドバイスもあり、
当時、勢いに乗っていたボーイズグループに提供。
映画のヒットとともに、その心地よく重なる歌声は
聴く人の心をとらえ、単なるラブソングとしてだけでなく、
当時のアメリカの社会情勢ともリンクした形で大ヒットを記録した
とも言われています。
ヒットメイカーには、こういった時代の空気をも楽曲に反映させ
意味を持たせるテクニックも必要なのかもしれませんね。

アメリカのビルボードチャートで、何と13週連続で1位に輝き
それまでの記録を更新。
このヒットにより、Boyz Menは
ラブバラードの名手として次々とヒット曲を発表していきました。


過去1週間分の番組が無料でお楽しみいただけるradikoタイムフリー
番組を聴いて気に入ったら、SNSで友達にシェアしよう!

11月4日(月)OA分の放送はこちら
  •      

2019.11.04