金曜昼間のガチ人生相談会、開催!

人気放送作家の鈴木おさむとGENERATIONS 小森隼が「相談員」となり、 リスナーの皆さんからの人生相談に応えます。
様々な人生経験を経てきた鈴木おさむの回答は? また、23歳小森隼が同世代に生きるリスナーからの相談に、どう切り返すのか?

下記からテーマを選んで投稿してください。あなたからのご相談、お待ちしています!

インフォメーション&プレゼント

「相談フライデー」では、お悩みを募集中です

番組ではあなたからのお悩みを募集中です。 番組フォームからお送りください。

皆さんのご相談にお答え!

2019.05.17

17歳 女性 ラジオネーム<なち>さんからのご相談

高校一年生の時、陸上競技に力を入れている強豪校に通っていました。
ですが、夏休みの途中で鬱病になり高校を辞め、陸上からも離れてしまいした。
最後に先生方とお話をした時に初めてお母さんの涙を見ました。
心から申し訳ない気持ちになりました。

今、病状も落ち着き、昔、夢だった保育士を目指し、中卒でも入れる専門の学校に通っています。
ですが、今でも高校を辞めて、専門学校を選んだ選択があっていたのか不安になります。

正直、高校を辞めてしまった事を何度も後悔してしまいます。
ただ、辞めていなかったら、保育士という夢を思い出すこともなかった気がします。
この選択を後悔しない気持ちにするためには、どうしたら良いでしょうか?

null
おさむさん

おさむ
さん

<なち>さんの悩みを聞いてどう思いますか?

GUEST

きゃりーぱみゅぱみゅ
さん

私は高校へ行くことが全てではないと思っています。また、中卒だとしても、自ら希望した専門学校に通っているなら悩まないで大丈夫。   今、夢に向かって進んでいるって、普通に素晴らしいことですよね。

小森さん

小森
さん

“自分がこうしたい”という輪郭が分かって、今があるなら、僕はいいかなと思いますね。

おさむさん

おさむ
さん

保育士になりたいという夢があって、その資格がとれて、後悔する必要はまったくないです。 逆に保育士になりたいという目標があるだけで素敵です。

GUEST

きゃりーぱみゅぱみゅ
さん

私も偶然の出逢いを通して、今があります。チャンスは絶対に転がっていますから。   “ポン”と乗れることができたら、人生はガラッと変わります。もう、なちさんは、そのチャンスが転がっている場所にはいますから。   後悔の悩みから、目標への悩みへと徐々に変わっていくと思います。

おさむさん

おさむ
さん

夢を持てるということの選択肢が、◯✖️クイズで、バツに行って正解することもありますよね。だから、良かったんですね。

小森さん

小森
さん

<なち>さん、もし不正解でも、その先が正解のこともあります。 自分の夢を持っていること、すごく素敵だと思います。

続きを読む