DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

水曜日
外国人差別を主張する貼り紙や寄せ書きノートが、四国遍路の徳島、香川、愛媛三県内の休憩所など30カ所以上から見つかった問題。
在日コリアンへのヘイトスピーチと重ね合わせ「恥ずかしい行為」と非難の声が上がり、世界遺産の登録を目指す地元では「マイナスイメージだ」との危機感も強まっています。
関東大震災直後の朝鮮人虐殺を追ったノンフィクション、『九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響』の著者で編集者の加藤直樹さんは、朝鮮人虐殺が起きた当時の空気と今を重ねています。
日本に蔓延するレイシズム(民族・人種差別)。このまま高まり続けたとしたら、その先には何が待っているのか?
話題の本から見えてくる、危険な現状とは?
(2014/4/28 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ