DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

番組スタッフ
10月27日(月) 代演:小田嶋隆(コラムニスト) ●「政治とカネ」が及ぼす思考停止

今月20日、小渕優子経済産業大臣が政治資金の不透明な支出で辞任しました。
第二次安倍改造内閣の目玉だった女性閣僚の辞任ということもあり、マスコミも大きく報じましたが、そこで謳われたのが「政治とカネ」という言葉。
この「政治とカネ」、よくよく考えるとおかしな言葉で、大抵ネガティブな表現に使われますが、「政治」や「選挙」に、「お金」が必要なのは当然のこと。
「政治」と「お金」の確かな関係を考えることにブレーキをかけているのが、「政治とカネ」という言葉なのでは、、、
「政治とカネ」という言葉が加速させる「政治への無関心」と、その影響力を考えます。


10月28日(火) ●福島・賠償金の軋轢(仮)

月刊誌「WEDGE」からの特集。
「WEDGE」の大江編集長をスタジオにお迎えし、お話を伺います。


10月29日(水) ●日本に誕生するリークサイトは、内部告発者の新たな受け皿となるのか

内部告発サイト「ウィキリークス」は今月16日、TPP交渉の「知的財産権」分野で草案とする文書を公開しました。草案通りなら医薬品の特許保護が強化され、「医薬品の価格が上がる可能性が高い」といいます。
こうした情報もウィキリークスが公開したから分かったこと。
特定秘密保護法が12月10日に施行されてからは、政府にとって都合の悪い情報は隠ぺいされる可能性があるといわれています。
そんななか、日本で新たな内部告発サイトが12月に設立されることがわかりました。
今月17日、駿河台大学の専任講師、八田真行さんが明らかにしたもの。内部告発者の身元を分からないように保護する匿名化技術を使った内部告発サイトで、すでに複数の会社の記者と準備を進めているようです。
特定秘密保護法の施行日が決まる一方で、12月に設立されることになった新たな内部告発サイト。このサイトは内部告発者の受け皿となり得るのでしょうか?
駿河台大学講師の八田真行さんをスタジオにお話を伺い、その可能性を探ります。


10月30日(木) ●クールジャパンよりクラシックジャパン?海外に通用する日本の文化力

特集の詳細は未定。
株式会社「西川貞三郎商店」の社長、西川加余子さんにお話を伺います。

(2014/10/27 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ