DAILY NEWS ★あなたの気になる特集内容は?ソーシャルボタンでシェアしよう!

番組スタッフ
<特集>
「終わらぬ絶望と伝える希望。『希望の牧場・ふくしま』のいま」

福島第一原発から14km地点・福島県浪江町にある「希望の牧場・ふくしま」。
ここは原発事故が起こるまで、肉牛を生産する平和な牧場でしたが、2011年3月の事故以降、その存在は大きく変わりました。

国は被曝した牛を殺処分するよう求めましたが、牧場の代表・吉沢正巳さんはそれに抗い続け、事故から4年となる今も300頭を超える牛を活かし続けています。
今の牧場は、命の意味、被曝が身体に及ぼす影響、そして原発そのものを考える象徴的な場所として存在し続けています。

吉沢さんが東京・渋谷で原発の危険性や命の大切さを説く街頭演説も、昨年末で100回を超えました。その演説は、4年前と何ら変わっていません。

私たちはこの事故から何の教訓を得たのでしょうか。
吉沢さんが訴えること、そして牧場をサポートする人々が伝える「絶望と希望」とは何でしょうか。

<ピックアップ>では、津波で甚大な被害をうけた、岩手県釜石市のきょうの表情を、FM岩手・釜石支局の千葉東也さんに伺います。

<まえがきは謳う>は「天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災」(磯田道史・著)を取り上げます。
(2015/3/11 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ