書考空間



ブスが美人に憧れて人生が変わった話。 「美人は性格が悪い」って本当!?
フジコ (著)
税込価格:1,296円
出版社:大和出版
ISBN:978-4-8047-0534-7


本を購入


「美人とブス、どちらが性格が悪いのか?」という問いは難問であり、誰しもが何かを語りたくなる良問でもあります。
本書はこの問いに、ひとつの答えを提示してくれているもの。なぜかというと、見た目ブスが、性格もブスになるプロセスがこと細かに書かれているからです。
本書のもとになっているのは、昨年秋にTwitterで話題になった『ブスが美人に憧れた話』。見た目も性格もブスの「陰のブス」だった女性が、自らを変えるきっかけとなった出来事をイラストにしてツイートされたところ、大きな反響を呼びました。
つまり、本書の著者は「陰のブス」だった女性。
人の悪口を楽しみ、言い訳ばかりして、ひねくれた、何の努力もしていないブスだった著者が、婦女子のオフ会で出会った見た目も性格も美人と出会うことで、性格も見た目も変わっていく姿がつづられています。
著者の心の動きを捉えることで、ブスと美人、それぞれが考えていることも見えてくるのですが、たとえば、ブスは美人を意識し、美人をディスることで自分の存在意義を見出そうとする。一方、美人はブスが眼中にない、眼中にないからブスにも優しくできる。
元ブスならではの説得力により、納得させられてしまうから不思議。
「美人とブス、どちらが性格悪い」論争に、ひとつの終止符を打ってくれる痛快な一冊です。

(評者:スタッフH)
(2017/5/30 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ