書考空間


美しすぎる数学 「数楽アート」を生んだ日本の底力 (中公新書ラクレ)
桜井 進 (著), 大橋製作所 (著)
税込価格:1,080円
出版社:中央公論新社
ISBN:978-4-12-150505-7


本を購入


まえがきを読む

学校の教科のひとつ、つまり学問である数学を、芸術の域にまで高め、商品として販売している会社があります。
金属加工工場として創業し、現在は装置メーカーとして世界に知られるまでになっている、株式会社大橋製作所という町工場が作っているのが、ステンレス製アート・オブジェ「数学アート」です。
それは、数学の「2変数関数」を、創業以来約100年にわたり培ってきた金属加工技術を駆使して、立体グラフ化した世界で初めてのアート作品です。
様々な魅力がある数学アートですが、一番のポイントになるのは「光」だといいます。
表面に光沢を有するステンレス鋼材を格子状に組み上げているため、形の美しさのみならず、幾何学的構造が織りなす「光のハーモニー」を楽しむことができるのです。

学校の授業で習った数学に対して、試験や受験のために公式を覚えて問題を解く、ただそれだけといった印象を持つ人は多いでしょう。
しかしそれは数学の世界のごく一部分であり、実は「数学は芸術」であり、「数学は美しい」ものであることが、本書を読むと理解できます。
これまで考えたこともなかった「数学を鑑賞する」という楽しみ方を教えてくれる一冊です。

(評者:スタッフ・武市)
(2014/10/7 UPDATE)

MESSAGE ★ 番組へのメッセージはこちらから ★ 皆さまからのご意見お待ちしております


ページの先頭へ